府省共通研究開発管理システム

ホーム
お問い合わせ先
サイトマップ
ホーム > システムの概要 > システム構築の経緯

システムの概要

システム構築の経緯

平成15年7月に策定された「電子政府構築計画」において、各府省の業務・システムの最適化を実施することにより、費用対効果をさらに高め、人的・物的資源の効率的な活用を通じた行政の簡素・合理化を図ることにより、予算効率の高い簡素な政府を実現することが定められました。

そして、平成16年2月には、一部関係府省業務・システムとして「研究開発管理業務・システム」が位置づけられ、文部科学省が担当府省となりました。これを受け、文部科学省が中心となり、平成18年3月に「研究開発管理業務の業務・システムの最適化計画」が策定され、研究開発管理に係る書類のオンライン電子化等の機能を持ったシステムを構築することとなりました。

一方、第3期科学技術基本計画(平成18年3月28日閣議決定)や「平成20年度の科学技術に関する予算等の資源配分の方針」(平成19年6月14日総合科学技術会議)等においても、研究資金制度間の情報共有、研究者情報の管理などを行うことにより、不合理な重複の排除や過度の集中を避けるとともに、業務の効率化を図るため、本システムの構築が求められてきました。

なお、昨今の無駄なき研究活動への集中投資における重要性の再認識に伴い重複チェックの早期実現が求められており、システムの早期開発が必要とされたことから、当初平成21年度に予定していた運用開始について、開発スケジュールを大幅に短縮することにより、平成20年1月から運用開始することとなりました。
※ 府省共通研究開発管理システムの略称について
Research And Development(=科学技術のための研究開発)の頭文字からなる「Rad」に、Electronic(電子)の頭文字を冠し、「e-Rad」としました。
お知らせ
システム概要
ご利用に当たって
本システムで対象となる公募一覧
リンク集
よくある質問と答え
プライバシーポリシー サイトポリシー
Copyright © Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology