概要 閉じる

配分機関名
国立研究開発法人科学技術振興機構
公募年度
2022
公募名
A-STEP 産学共同(本格型) 令和4年度公募
研究分野
 
キーワード
 
受け付ける研究期間(最短・最長)
(最短) 1から (最長) 6年
応募受付期間
2022/03/29 14:00   ~   2022/05/17 12:00
事業分類カテゴリ
委託研究
対象者カテゴリ
企業(団体等を含む)、大学等
応募額の制限
応募額の制限
(下限) (設定なし)   ~   (上限) (設定なし)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
過去の採択状況URL

詳細

応募の概要
A-STEP産学共同(本格型)は、社会課題の解決に資する研究開発成果の社会実装を目的として、大学等の技術シーズの可能性検証及び実用性検証のため、産学共同での本格的な研究開発を実施するものです。 社会的・経済的なインパクトに繋がることが期待できるイノベーションの創出に向け、科学技術の知見に基づいた、中核となる技術の構築、或いは中核技術の構築に資する成果を得ることを目指します。 本格型による支援終了後には、得られた成果を基に、企業において実用化に向けた研究開発を継続していただくことで、科学技術イノベーションの創出や、SDGs等の国際的な目標達成への貢献、社会的・経済的な波及効果の創出を期待します。自然科学と人文・社会科学の融合による総合知を活用する提案も期待します。 なお、令和4年度においては、「デジタル田園都市国家構想」の実現に向け、デジタル実装を通じて地域が抱える課題の解決に資する研究開発の提案も期待します。
応募の対象者
企業等に所属する企業責任者と、大学等に所属する研究責任者の連名での課題提案であることが必要です。 企業責任者(プロジェクトリーダー)(aからc の要件を全て満たすこと) a. 研究開発を行っていて日本の法人格を有する民間企業に常勤すること。 b. 研究開発の実施期間中、研究開発全体の取りまとめに関し、責任を持つこと。 c. 研究倫理に関する教育プログラムを修了していること。 研究責任者(aからc の要件を全て満たすこと) a.提案する技術シーズの創出にかかわった者であること。(技術シーズが特許等の知的財産権の場合は、その発明者であること。) b. 研究開発の実施期間中、日本国内の大学等に常勤の研究者として所属していること。 あるいは、日本国内の大学等を主たる所属先として常勤の研究者と同等の研究開発環境にあり、所属機関がその研究者を契約上の研究担当者とした研究受託が可能であること。 c. 研究倫理に関する教育プログラムを修了していること。
スケジュール
対象業務 日程
書類選考 2022年5月下旬~6月下旬
面接選考 2022年7月
課題選考 2022年8月
研究開発開始 2022年10月1日(予定)
連絡事項
重要【お詫び】4月14日「A-STEP産学共同(育成型/本格型)」公募要領、課題提案書を差し替えさせて頂きました。 この度、令和4年3月29日(火)に募集開始を致しました令和4年度公募のうち、A-STEP「産学共同(育成型/本格型)」の公募要領、課題提案書を差し替えさせて頂きました。皆様に多大なご迷惑をお掛けしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。「産学共同(育成型/本格型)」の応募を検討されている方々におかれましては、募集概要ページのご確認と資料の差し替えを頂きますよう何卒お願い申し上げます。 詳細は下記リンク先よりご確認ください。 https://www.jst.go.jp/a-step/koubo/index.html
公募担当者情報
部・課
 
担当者氏名
 
電話番号
 
FAX番号
メールアドレス
 
応募要領ファイル
申請様式ファイル
ダウンロード
制度・事業URL
操作マニュアル(制度・事業固有版)
ページトップへ戻る