概要 閉じる

配分機関名
国立研究開発法人科学技術振興機構
公募年度
2022
公募名
共創の場形成支援プログラム 共創分野「本格型」2022年度公募
研究分野
 
キーワード
オープンイノベーション
産学官連携
組織対組織
産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン
SDGs
産学官共創拠点
受け付ける研究期間(最短・最長)
(最短) 1から (最長) 10年
応募受付期間
2022/05/10 14:00   ~   2022/07/05 12:00
事業分類カテゴリ
委託研究
対象者カテゴリ
企業(団体等を含む)、大学等、研究者・研究チーム、技術移転機関、地方公共団体、NPO等非営利団体
応募額の制限
応募額の制限
(下限) 1 (千円)   ~   (上限) (設定なし)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を固定配分
再委託費・
共同実施費
過去の採択状況URL

詳細

応募の概要
◆本プログラムでは、大学等を中心として、企業や地方自治体・市民等の多様なステークホルダーを巻き込んだ産学官共創により、ウィズ/ポストコロナ時代を見据えつつ、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく未来のありたい社会像を拠点ビジョン(地域共創分野では地域拠点ビジョンと呼称)として掲げ、その実現のため「バックキャストによるイノベーションに資する研究開発」とそれを支える「自立的・持続的な拠点形成が可能な産学官共創システムの構築」をパッケージで推進します。 ◆「国の重点戦略」や「大学等の強みや特色」、また「大学と地域のパートナーシップ」に基づく産学官の共創による拠点の形成を推進し、国の成長と地方創生に貢献するとともに、大学等が主導する知識集約型社会への変革を促進します。 ◆共創分野「本格型」では、拠点ビジョンの実現に向けた研究開発とそれを支える産学官共創システムの構築を一体的に推進する提案を募集します。 ◆プロジェクトの進展に伴う研究開発課題の変更・追加や参画機関の参入、退出を随時可能とする柔軟なプログラム運営を行います。プログラムオフィサーに各種評価・委託費配分・進捗管理の権限を集中させるとともに、プログラムオフィサーがアドバイザー等やJST職員と協働して、プロジェクトへのハンズオン支援を実施します。
応募の対象者
 大学等(※1)を代表機関とし、企業等(※2)を含む3機関以上の連名による申請(うち、少なくとも1機関は民間企業であること。) ※1 大学等 国公私立大学、大学共同利用機関、国立研究開発法人、国立試験研究機関、公設試験研究機関、高等専門学校、研究開発を自ら行っている特殊法人・独立行政法人・公益法人等 (研究開発を目的として設立された法人であり、研究開発業務について公益目的事業の認定を受け、法人税非課税となっている法人に限る) ※2 企業等 民間企業(株式会社、有限会社、合資会社、合名会社、合同会社)、地方自治体(都道府県、政令指定都市、市町村、特別区)、及びその他の機関
スケジュール
対象業務 日程
書面審査 7月~8月
面接評価 9月頃
評価結果の通知 9月以降
連絡事項
■ 本公募は、共創の場形成支援プログラム 共創分野「本格型」です。お間違えのないように応募してください。
公募担当者情報
部・課
JSTイノベーション拠点推進部
担当者氏名
共創の場グループ
電話番号
03-5214-8487
FAX番号
メールアドレス
platform@jst.go.jp
応募要領ファイル
申請様式ファイル
操作マニュアル(制度・事業固有版)
ページトップへ戻る