公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2018
公募名 我が国における遠隔集中治療(Tele-ICU)の導入における技術的・社会的課題の解決に向けた研究(30230301)
研究分野 (情報通信)
情報学基礎論、情報ネットワーク、情報セキュリティ、生命、健康、医療情報学
キーワード 遠隔集中治療
情報セキュリティ
遠隔モニタリング
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 1年
応募受付期間 2018/08/03 09:00 ~ 2018/09/03 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
999,999,999(千円)まで
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 平成30年度厚生労働科学研究費補助金三次公募
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
米国等では、複数の集中治療室を、集中治療を専門とする医師等により一つのデータセンターで集約的に監視するシステム(遠隔集中治療:Tele-ICU)を用いた効率的な診療体制の構築が進んでいる。しかし本邦に導入するにあたっては、単なる監視システムではなく、ICT/AIを活用した「インテリジェンス」のシステムとして付加価値を付与することによって、わが国の医療の質の向上に貢献することが求められている。本研究は、複数の集中治療室のモニタ及び電子カルテ情報等を一つのデータセンターに統合するために必要な情報セキュリティ、効率的で安全な遠隔モニタリング体制、複数患者のモニタリング体制を補助する重症度予測アルゴリズム、集中治療室業務の医師間のタスクシェアに関するニーズの把握、Tele-ICUによる医師の労務軽減の効果推定等を行い、我が国における最適なTele-ICU体制の具体的な仕様、及びそれによって得られた様々な臨床データ等の活用方法について調査し提案することを目標とする。
(求められる成果)
・ 複数の集中治療室のモニタ及び電子カルテ情報等を一つのデータセンターに統合するために必要な情報セキュリティの整理
・ 安全で効率的な遠隔モニタリング体制に必要な標準的プロトコールの作成(医師の助言体制やモニタリングにて監視すべき項目等の整理)
・ 複数患者のモニタリング体制を補助する重症度予測アルゴリズムの整理(複雑な計算を必要としない簡便なアルゴリズム(SOFAスコアの推移等)から、今後研究が必要なビッグデータを使用したアルゴリズムまで、重症度予測アルゴリズムに関して現時点で可能なアルゴリズムの提案、また今後研究を必要とすべきアルゴリズムの方向性を整理)
・ 以上の研究内容を踏まえ、集中治療室業務の遠隔化に関するニーズ調査の結果及びタスクシェアを促進するための方策の提案、Tele-ICUによるコストと生産性向上についての費用対効果の推定等

応募の対象者 Tele-ICUに関する様々な専門家(Tele-ICUに精通した集中治療医学の専門医、集中治療を担当する看護師、集中治療室に患者を入室させる診療科の医師(外科医等)、遠隔医療やICT分野の専門家等)を含む研究班体制が構築されていること。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価委員会の開催2018年9月上旬から10月中旬
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省大臣官房厚生科学課
担当者氏名 臨床研究等ICT基盤構築AI研究事業担当
電話番号 03ー5253ー1111(内線3839)
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成30年度厚生労働科学研究費補助金三次公募
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)