公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2018
公募名 ICTを活用した医師に対する支援方策の策定のための研究(30230401)
研究分野 (情報通信)
ロボティクス、知能機械システム、情報学基礎論、情報ネットワーク、情報セキュリティ、生命、健康、医療情報学、ウェブ情報学、サービス情報学、学習支援システム
キーワード ICT
医師支援方策
テレワーク
オンライン診療体制
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 2年
応募受付期間 2018/08/03 09:00 ~ 2018/09/03 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
999,999,999(千円)まで
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 平成30年度厚生労働科学研究費補助金三次公募
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
労働環境の改善、労働生産性の向上等に資するICT技術は、現状では定型的な事務等で活用されているが、高度専門的な業務に対しては十分に活用されていない。保健医療分野では高度専門的な職種や業務が多く、本分野でICTの適用可能性を検証することは意義が大きい。
本研究では、労働環境の改善が強く求められている、出産・育児・介護等において休職等を余儀なくされている医師等を事例として、その高度専門的な能力を十分に発揮し、活躍できるようにするために、どのようにICTを活用すればよいかを検討し、医師等への効果的な支援策についてのエビデンス及び具体的な支援を行うにあたっての課題を解決するための方策を提示することを目標とする。
(求められる成果)
・ 医師を対象とした全国調査を行い、出産・育児・介護等による労働環境、労働生産性等への影響、及びそれらを改善するためのICT等へのニーズを明らかにし、定量的に解析すること【平成30年度末までに】
・ ①テレワーク環境の構築にあたってのセキュリティ要件、個人情報保護に関する法令との関係等、②オンライン診療体制の構築にあたっての適切な研修内容等、③効率的なinteractiveなe-learning環境の構築を行うにあたっての技術的な課題等について、ICTを用いた支援策を行うにあたっての課題、システム構築等の要件を整理し、それらについて、医学的観点、技術的観点、法令的観点等からの解決策を提示すること【平成31年度末までに】。

応募の対象者 ・ ICTを用いた出産・育児・介護等を行う医師等の支援に関する様々な専門家(出産・育児・介護等を行う医師等の支援について十分な経験を有する者、遠隔医療やICT分野の専門家等)を含む研究班体制が構築されていること。
・ 出産・育児・介護等を行う医師についての全国レベルでの支援事業等の実績・経験を有する機関に所属する者が主体となって研究を行う体制が構築されていること。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価員会の開催2018年9月上旬から10月中旬
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省大臣官房厚生科学課
担当者氏名 臨床研究等ICT基盤構築AI実装研究担当
電話番号 03ー5253ー1111
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成30年度厚生労働科学研究費補助金三次公募
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)