公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
公募年度 2018
公募名 薬用植物種苗供給技術開発拠点整備に係る研究
研究分野 (ライフサイエンス)
植物栄養学、土壌学、森林科学、細胞生物学、発生生物学、植物分子、生理科学、形態、構造、多様性生物学、分類学、生態学、環境学、薬系衛生、生物化学、環境、天然医薬資源学
(環境)
遺伝育種科学、作物生産科学、生物資源保全学、農業社会構造、地域環境工学、農村計画学、農業環境工学、農業情報工学、環境農学
キーワード 薬用植物、生薬、拠点整備、栽培、品種、種苗、増産化
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 3年 から (最長) 5年
応募受付期間 2018/09/03 12:00 ~ 2018/10/09 12:00
事業分類カテゴリ 委託研究
対象者カテゴリ 大学等 、 研究者・研究チーム 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
(下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
公募要領URL 平成30年度 「創薬基盤推進研究事業」(薬用植物国産化・利活用促進プロジェクト)に係る公募(2次公募)について
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 薬用植物の新たな育種、栽培、生産技術等に関する研究において実装化を指向した技術開発を推進するため、薬用植物の国内栽培加速化に係る研究開発課題を実施します。
本研究開発課題では薬用植物種苗の確定、維持、増産化などに係る研究を通し、薬用植物種苗供給の拠点整備が進むことで、薬用植物国内栽培を拡大、迅速化を図ることを目指します。詳細は公募要領のII. 公募研究開発課題(3ページ)をご覧ください。
応募の対象者 本事業の応募資格者は、一定の要件を満たす国内の研究機関等に所属し、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者(「研究開発代表者」)とします。詳細は公募要領のIII.応募に関する諸条件等(12ページ)をご覧ください。
スケジュール
対象業務 日程
書面審査平成30年10月12日~10月29日(予定)
ヒアリング審査平成28年11月12日(予定)
採択可否の通知平成28年11月下旬(予定)
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 創薬戦略部医薬品研究課
担当者氏名 薬用植物国産化・利活用促進プロジェクト
電話番号 03-6870-2219
FAX番号  
メールアドレス yakushoku@amed.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成30年度 「創薬基盤推進研究事業」(薬用植物国産化・利活用促進プロジェクト)に係る公募(2次公募)について
制度・事業URL 創薬基盤推進研究事業
操作マニュアル(制度・事業固有版)