公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 HIV検査体制の改善と効果的な受検勧奨のための研究(19HB0101)
研究分野 (ライフサイエンス)
感染症内科学
キーワード HIV、検査受験勧奨
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2018/12/21 09:00 ~ 2019/01/29 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 2019年度 厚生労働科学研究費補助金公募要項
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
現在、保健所等における無料・匿名検査を中心とした検査体制の整備を進めているが、エイズを発症した状態で報告される者の割合は全体の約3割を占めており、早期診断のために必要な体制の整備は十分でない。
保健所等における検査を含む現在の検査体制の課題を抽出し、早期発見の推進のためのより効果的な検査体制のモデル構築及び試行等を行う。

(求められる成果)
・ 現在の検査体制の課題を抽出・解析した上での、より効果的な検査体制のモデル構築及び試行とその評価
・ 郵送検査の診断精度等の評価及びその結果の公表の手法を含めた郵送検査の精度管理手法の提言
・ 具体的な受検行動につながるような、特にハイリスク行為が認められる集団に対する効果的な受検勧奨の方法の提案
・ これらの成果を踏まえた診断ガイドラインの改定
・ 予防行動を含めた普及啓発、検査・相談体制の一貫した体制整備の地域モデル構築及び試行とその評価

応募の対象者 ・ HIV検査体制に関連する様々な専門家(HIV・エイズ及び性感染症を含む感染症診療に従事する医療従事者等)を研究代表者又は研究分担者とする研究班体制が構築されていること。
・ HIV検査の実施者(専門家、保健所等の行政、関係団体等)や当事者(NGO等)の意見が反映される体制が整備されていること(研究計画書の「2 研究計画・方法」において意見聴取の機会等が記載されていること)。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価委員会の開催2019年2月下旬
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省健康局結核感染症課
担当者氏名 佐藤 晃
電話番号 03-5253-1111(内線2358)
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 2019年度 厚生労働科学研究費補助金公募要項
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)