公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 血漿分画製剤の原料となる血漿の採漿方法及び品質確保のための研究(19KC0101)
研究分野 (ライフサイエンス)
薬系衛生、生物化学、医療薬学、生理学、医化学、血液、腫瘍内科学、医療管理学、医療系社会学、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
キーワード 血液製剤
血漿分画製剤
血漿
採漿機器
採血基準
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2018/12/21 09:00 ~ 2019/01/29 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
999,999,999(千円)まで
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 2019年度厚生労働科学研究費補助金一次公募
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
 適応拡大等により、血漿分画製剤の需要が増加している。そのため、血漿分画製剤の国内自給及び安定供給を確保するため、原料となる血漿について、安全性を確保しつつ、安定的かつ安価に確保することが求められている。このため、海外における原料血漿の確保方策等の調査などを行い、原料血漿をより安全で安価な方法により確保するための方策の提言を行う。

(求められる成果)
・ 海外での原料血漿の採漿方法(採漿機器、採血基準、保管容器など)の調査
・ 海外における原料血漿に対するウイルスなどの検査項目などの安全対策の調査
・ 海外での原料血漿の需要の状況の調査
・ 海外の採漿方法や安全対策と我が国との比較分析、及び我が国への適用可能性の検証
・ 上記に関する規制の必要性の有無の検討
応募の対象者 本研究課題においては、国内の血液製剤に対する規制、原料血漿の採漿方法やウイルス検査の状況を踏まえて、より安全で安価な原料血漿の確保の方法について提言することが求められることから、研究代表者は、国内での血液事業又は行政についての経験を有すること。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価委員会の開催2019年2月
採択予定時期2019年3月
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課
担当者氏名 粟飯原 弘樹
電話番号 03-5253-1111(内線4211)
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL  
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)