公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 有事におけるICTを活用した介護保険施設等の情報把握が可能なシステム開発・導入のための研究(19GA0201)
研究分野 (ライフサイエンス)
植物栄養学、土壌学、応用微生物学、応用生物化学、生物有機化学、食品科学、応用分子細胞生物学、森林科学、木質科学、水圏生産科学、水圏生命科学、動物生産科学、獣医学、動物生命科学、実験動物学、分子生物学、構造生物化学、機能生物化学、生物物理学、ゲノム生物学、システムゲノム科学、細胞生物学、発生生物学、植物分子、生理科学、形態、構造、動物生理化学、生理学、行動学、遺伝学、進化生物学、多様性生物学、分類学、生態学、環境学、自然人類学、応用人類学、神経科学一般、神経形態学、神経機能学、薬系化学、創薬科学、薬系分析、物理化学、薬系衛生、生物化学、薬理学、環境、天然医薬資源学、医療薬学、解剖学、生理学、医化学、病態医化学、人体病理学、実験病理学、寄生虫学、細菌学、ウイルス学、免疫学、腫瘍生物学、腫瘍診断、治療学、基盤脳科学、認知脳科学、病態神経科学、内科学一般、神経内科学、精神神経科学、放射線科学、胎児医学、小児成育学、消化器内科学、循環器内科学、呼吸器内科学、腎臓内科学、皮膚科学、血液、腫瘍内科学、膠原病、アレルギー内科学、感染症内科学、代謝、内分泌学、外科学一般、小児外科学、消化器外科学、心臓血管外科学、呼吸器外科学、麻酔科学、救急医学、脳神経外科学、整形外科学、泌尿器科学、産婦人科学、耳鼻咽喉科学、眼科学、形成外科学、常態系口腔科学、病態系口腔科学、保存治療系歯学、口腔再生医学、歯科医用工学、補綴系歯学、外科系歯学、成長、発育系歯学、社会系歯学、医療管理学、医療系社会学、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない、法医学、基礎看護学、臨床看護学、生涯発達看護学、高齢者看護学、地域看護学、リハビリテーション科学、スポーツ科学、体育、身体教育学、栄養学、健康科学、生体医工学、生体材料学、医用システム、医療技術評価学、医療福祉工学
(情報通信)
機械力学、メカトロニクス、ロボティクス、知能機械システム、情報学基礎論、数理情報学、統計科学、計算機システム、ソフトウェア、情報ネットワーク、情報セキュリティ、データベース、高性能計算、計算科学、知覚情報処理、ヒューマンインタフェース、インタラクション、知能情報学、ソフトコンピューティング、知能ロボティクス、感性情報学、生命、健康、医療情報学、ウェブ情報学、サービス情報学、学習支援システム、エンタテインメント、ゲーム情報学
(社会基盤)
土木材料、施工、建設マネジメント、構造工学、地震工学、地盤工学、水工学、土木計画学、交通工学、土木環境システム、建築構造、材料、建築環境、建築設備、建築計画、都市計画、建築史、意匠、社会システム工学、安全工学、防災工学
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 2年
応募受付期間 2018/12/21 09:00 ~ 2019/01/29 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 大学等 、 研究者・研究チーム
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 4,000(千円) ~ (上限) 8,000(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 公募要項
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 昨今の自然災害に伴う要介護状態にある被災者の迅速な支援は重要な課題である。介護保険の利用者等が必要な介護サービス提供に関する情報を円滑かつ安定的に入手できるようにする必要があり、特に災害等の有事においては、速やかな情報共有により介護保険施設等の被災状況を正確に把握する必要がある。これまでも、厚生労働科学研究・長寿科学政策研究事業では平時及び有事における全国の介護保険施設等の情報把握についてのシステム開発に資する研究を推進してきた。本公募では、これまでの成果を基に災害時等の有事に被災状況の把握や被災状況に基づく効果的な復旧計画の策定支援及び実施後の評価を行えるシステムを導入する上での課題について検証を行い、課題に対応したシステム開発とその有効性の検証を目指す。
また、求める成果は下記の通り。
・ 以下の要件を満たすシステムの作成
- 災害時等の有事に全国の介護施設の稼働状況等の簡易なデータを、地理情報システム等を用いて視覚的に閲覧可能
- システム利用時はデバイス・デバイドを考慮し、誰でも利用可能なユーザーインターフェイス及びユーザーエキスペリエンスが検証されたもの
- 継続的な維持管理が安価で可能
- 導入に際しての課題に対応した上でシステム改修が行われたもの
・ 有事に被災現場等からデバイスを問わずに被災状況等を更新でき、広域な災害でも対応可能なモデルの構築
・ システム導入に際しての課題整理の結果
・ 複数の都道府県もしくは市町村での試行的導入、及び導入後の有効性の検証結果
応募の対象者 ・ ICTを活用した介護保険施設等の情報把握を行うため、セキュリティ対策を含め、類似のソフトウェア等のシステムを開発した実績がある者。
・ 大規模災害発生時に、災害現場で作成されたデータを収集・分析し、現場へフィードバックを行った実績のある研究者等を含む研究班体制が構築されている者。
・ 介護保険施設等からデータを収集する仕組みを構築した研究実績がある者。
・ 自治体所有のデータを用いた自治体支援の実績がある者。
・ 政策評価システム等に関連する様々な専門家(ソフトウェア等開発及び社会実装が可能な者を含む)を研究分担者又は研究協力者とする研究班体制が構築されている者。
・ 政策評価システム等の自治体支援システムを用いた自治体支援の実績がある者(複数の市町村での実績や、都道府県に対する実績について評価する)。
・ 研究分担者又は研究協力者として、若手研究者・女性研究者を研究班に参画させるよう努めることができる者。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価委員会の開催2018年2月下旬から3月上旬
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省老健局老人保健課
担当者氏名 長寿科学政策研究事業 担当
電話番号 03-5253-1111(内線3962)
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 公募画面
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)