公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 国立研究開発法人科学技術振興機構
公募年度 2020
公募名 平成31年度 e-ASIA共同研究プログラム  材料(ナノテクノロジー)分野「革新的材料」
研究分野 (ナノテク・材料)
金属材料物性、無機材料、物性、複合材料、界面、構造材料、機能材料、材料加工、組織制御、金属生産、資源生産、ナノ構造化学、ナノ構造物理、ナノ材料科学、ナノバイオサイエンス、ナノマイクロシステム、応用物性、薄膜、表面界面物性、応用物理一般、結晶工学、光工学、光量子科学、基礎物理化学、機能物性化学、構造有機化学、物理有機化学、有機合成化学、無機・錯体化学、分析化学、グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学、高分子化学、高分子材料、有機機能材料、無機物質、無機材料化学、エネルギー化学、生体化学、生物分子化学、ケミカルバイオロジー
(ものづくり技術)
材料力学、機械材料、電気電子材料工学、電子デバイス、電子機器
キーワード ・ 構造材料(ポリマー、繊維強化プラスチック、耐熱合金、セラミックスコーティング、接合技術、マテリアルズインテグレーションなど) ・ 接着材料(高接合強度、新規接合プロセス、評価・解析技術など) ・ スマートポリマー(刺激応答型、環境応答型、化学センサーなど) ・ 3Dプリンタ用材料(ガラス、セラミックス、弾性材料など) ・ 気候変動対策向け材料(炭素固定・貯蔵・活用など) ・ 電子材料・スピントロニクス材料
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 3年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/01/18 14:00 ~ 2019/05/14 19:00
事業分類カテゴリ 委託研究
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 27,000(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 平成31年度 e-ASIA共同研究プログラム  材料(ナノテクノロジー)分野「革新的材料」 共同研究課題募集のお知らせ
過去の採択状況URL e-ASIA共同研究プログラム

詳細

応募の概要 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、「e-ASIA共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program; "e-ASIA JRP")」に参加し、3カ国以上の多国間国際共同研究課題を支援しています。
e-ASIA JRPは、アジア地域において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を推進する事業です。
第8回となる本公募ではe-ASIA JRPに参加する各国の公的研究費配分機関と協力し、以下のとおり共同研究課題の提案を募集します。

材料(ナノテクノロジー)分野: 「革新的材料」

採択された日本側研究者は、3年間で直接経費2,700万円を上限として委託研究費をJSTより受け取ることができます。委託研究費には、直接経費の30%に当たる間接経費が別途支給されます。
応募の対象者 日本側研究代表者(応募者)は日本国内の大学、研究機関、企業に在籍する研究者であることが必要です。国籍、年齢による制限はありません。
スケジュール
対象業務 日程
提案提出期限2019年5月14日19時
採択決定通知予定2019年11月末まで
支援開始予定2020年4月1日
  
  
  
  
  
連絡事項 ■研究倫理教育プログラムの受講について
応募にあたって、日本側研究者は必ず所属研究機関等において、研究倫理に関する教育プログラムを受講してください。受講が確認できない場合は応募要件不備とみなしますのでご注意ください。詳しくは公募要領別紙(日本側応募者への応募にあたっての注意事項)をご確認ください。
公募担当者情報 部・課 国際部・事業実施グループ
担当者氏名 川辺、津根、平川
電話番号 03-5214-7375
FAX番号 03-5214-7379
メールアドレス easiajrp@jst.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成31年度 e-ASIA共同研究プログラム  材料(ナノテクノロジー)分野「革新的材料」 共同研究課題募集のお知らせ
制度・事業URL 平成31年度 e-ASIA共同研究プログラム  材料(ナノテクノロジー)分野「革新的材料」 共同研究課題募集のお知らせ
操作マニュアル(制度・事業固有版)