公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 国立研究開発法人科学技術振興機構
公募年度 2019
公募名 START プロジェクト支援型 2019
研究分野 【その他】
(その他)
その他
キーワード プレベンチャー
事業化に向けた研究開発
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/03/07 09:00 ~ 2019/07/29 12:00
事業分類カテゴリ 委託研究
対象者カテゴリ 大学等
応募額の制限 応募額の制限 (下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を固定配分
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 公募要領・申請書のダウンロード
過去の採択状況URL プロジェクト一覧

詳細

応募の概要 プロジェクト支援型の目的を達成するために必要な活動として、大学等が希望する事業プロモーターユニットのマネジメントのもと、リスクは高いがポテンシャルの高い技術シーズに関して、事業戦略・知財戦略等を構築し、グローバル市場を見据えた研究開発を推進するものとします。
また、その研究成果の事業化に向けては、事業プロモーターユニットのマネジメントのもと、必要となる起業家候補者・技術者等の人材を大学等の技術シーズのもとに結集し、当該チームのもとで研究開発・事業育成を一体的に推進、3年を目途に、民間資金を活用しながらベンチャー起業の設立及び概念実証等を目指すものとします。
応募の対象者 以下のア)~カ)を全て満たしていることが応募の要件となります。
ア)応募時点において、研究代表者が、申請の核となる技術シーズの発明者である、もしくは発明に関わった者であること。なお、シーズとは特許(出願中、出願予定を含む)、プログラム等をいいます。
イ)申請の核となる技術シーズについては、本プロジェクトを通じて創出されるベンチャー企業の実施に関してその技術シーズの発明者、技術シーズが帰属する機関等(特許出願人等)の同意が得られていること。
ウ)申請の核となる技術シーズを利用したベンチャー企業の設立等により、大学等の研究成果の社会還元を目指していること。
エ)希望する事業プロモーターのマネジメントによりプロジェクトを推進できること。
オ)STARTが目指すエコシステムの構築(1.3 STARTの目指す姿)に賛同すること。
カ)同一の研究代表者が、STARTプロジェクト支援型と社会還元加速プログラム(SCORE)の両方に課題  を申請することはできません。また、STARTプロジェクト支援型実施中に、社会還元加速プログラム(SCORE)に申請することはできません。


研究代表者は以下のaかつbを満たしていることが要件となります。
a.シーズの創出にかかわった者であること。(シーズが特許の場合は、その発明者、もしくは発明に関わった者であること。)
b.国内の研究機関に所属して当該研究機関において研究開発を実施する体制を取ること(研究代表者の国籍は問いません。国内の研究機関に所属する外国籍研究者も申請可)。
スケジュール
対象業務 日程
第2次申請書提出期限7月29日(月)正午
第2次審査(予定)8~9月頃
プロジェクト開始(予定)9~10月頃
  
  
  
  
  
連絡事項 この申請は、第2次申請です。第1次申請(必須)の締め切りは、6月14日(金)正午です。第1次申請後、事業プロモーターから作成の依頼があった場合のみ、研究者(申請者)と事業プロモーターが共同で第2次申請書を作成し、e-Radで申請していただきます。

※具体的なヒアリング審査の日時についてはJSTから指定させていただきます。申請者による日時の指定はできませんので、あらかじめご了承ください。
公募担当者情報 部・課 産学連携展開部START事業グループ
担当者氏名 START募集担当窓口
電話番号 03-5214-7054
FAX番号 03-3238-5373
メールアドレス start-boshu@jst.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 公募要領・申請書のダウンロード
制度・事業URL 大学発新産業創出プログラム(START)
操作マニュアル(制度・事業固有版)