公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 農林水産省
公募年度 2019
公募名 平成31年度 戦略的プロジェクト研究推進事業 国内主要養殖魚の重要疾病のリスク管理技術の開発
研究分野 (ライフサイエンス)
水圏生命科学
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 5年
応募受付期間 2019/01/22 15:00 ~ 2019/03/13 17:00
事業分類カテゴリ 研究助成 、 共同研究 、 委託研究
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 151,390(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の15%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業について
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要  我が国の養殖の成長産業化を推進している中、感染症の発生による経済被害が養殖経営に大きな影響を与えています。特に近年、主要な養殖種で原因が不明な疾病の発生がみられ、診断法がなく伝播経路等も不明なことから、これらが一度発生すると被害が大きくなりやすく、予防対策の立案・実施についても極めて難しい状況にあります。
 また、国内に常在し清浄化が困難な疾病の中には、水産物の輸出障壁になっているものがあります。例えば、相手国がそれらの疾病の清浄国である場合、我が国からの輸出ができない、あるいは輸出ロットごとの当該疾病の無病証明のための検査負担が生じることになります。この状況下で、国際獣疫事務局(OIE)では養殖におけるゾ ーニング(地理的区分での管理)やコンパートメンタリゼーション(施設のバイオセキュリティレベルに基づく管理)による疾病の限定的な清浄性担保の概念を示しているところです。
 そこで本事業では、上記を踏まえて我が国の養殖業における重要疾病の診断法を開発または高度化し、防除法を確立するとともに、新たな清浄性管理手法の確立に資する養殖管理技術を開発します。
応募の対象者 応募要領をご覧ください。
スケジュール
対象業務 日程
審査委員会による審査、委託予定先の決定2019年4月上旬~5月を予定
委託契約の締結2019年4月以降を予定
  
  
  
  
  
  
連絡事項 詳細は、応募要領をご覧下さい。
公募担当者情報 部・課 消費・安全局 食品安全政策課 食品安全技術室 研究推進班
担当者氏名 駒林
電話番号 03-3502-8111(内)4451
FAX番号 03-3597-0329
メールアドレス atsuko_komabayash840@maff.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業について
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)