公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 文部科学省
公募年度 2019
公募名 2019年度宇宙航空科学技術推進委託費
研究分野 【総合系】
(情報学)
情報学基礎、計算基盤、人間情報学、情報学フロンティア
【総合系】
(環境学)
環境解析学、環境保全学、環境創成学
【総合系】
(複合領域)
生活科学、科学教育・教育工学、科学社会学・科学技術史、文化財科学・博物館学、地理学、社会・安全システム科学、人間医工学、健康・スポーツ科学、生体分子科学、脳科学、子ども学、デザイン学
【人文社会系】
(総合人文社会)
地域研究、ジェンダー、観光学
【人文社会系】
(人文学)
哲学、芸術学、文学、言語学、史学、人文地理学、文化人類学
【人文社会系】
(社会科学)
法学、政治学、経済学、経営学、社会学、心理学、教育学
【理工系】
(総合理工)
ナノ・マイクロ科学、応用物理学、量子ビーム科学、計算科学
【理工系】
(数物系科学)
数学、天文学、物理学、地球惑星科学、プラズマ科学
【理工系】
(化学)
基礎化学、複合化学、材料化学
【理工系】
(工学)
機械工学、電気電子工学、土木工学、建築学、材料工学、プロセス・化学工学、総合工学
【生物系】
(総合生物)
神経科学、実験動物学、腫瘍学、ゲノム科学、生物資源保全学
【生物系】
(生物学)
生物科学、基礎生物学、人類学
【生物系】
(農学)
生産環境農学、農芸化学、森林圏科学、水圏応用科学、社会経済農学、農業工学、動物生命科学、境界農学
【生物系】
(医歯薬学)
薬学、基礎医学、境界医学、社会医学、内科系臨床医学、外科系臨床医学、歯学、看護学
【その他】
(その他)
その他
キーワード 宇宙、航空、人材育成、衛星、技術、利用、科学技術、実践、宇宙利用、研究開発、国際、リモートセンシング、測位、ロケット、衛星データ、実用化
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/03/08 14:00 ~ 2019/05/09 17:00
事業分類カテゴリ 委託研究
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
999,999,999(千円)まで
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 2019年度宇宙航空科学技術推進委託費の公募について
過去の採択状況URL 宇宙航空科学技術推進委託費

詳細

応募の概要 本事業は、宇宙航空利用を新たな分野で進めるにあたって端緒となる技術的課題にチャレンジする研究開発、宇宙航空開発利用の発展を支える人材育成等、宇宙航空開発利用の新たな可能性を開拓するための取組を行い、さらなる裾野拡大を目的としています。2019年度は、以下のプログラムに沿った課題を募集します。
なお、本公募は、2019年度予算の成立を前提とするものであり、予算の成立状況によっては事業内容や事業予算を変更する場合があります。

(1)宇宙航空人材育成プログラム
宇宙航空分野における人的基盤の強化等の観点から、大学院生、大学生、高等専門学校生等の科学技術に関心のある学生(理工系等)を対象として、衛星、ロケット、航空等の関連技術や宇宙航空を巡る国際関係、関連施策等における実践的な取組(例:産業界等との連携、体験型学習)を通じて、宇宙航空に関する広範囲かつ高い専門性を有する次世代人材の育成を目指す。

(2)宇宙利用技術創出プログラム
衛星から得られたデータ等(例:リモートセンシング情報や位置情報)の宇宙科学技術を活用し、異分野シーズ(航空科学技術(例:無人機等)、情報通信技術(例:IoT、ビッグデータ)、ロボット技術等)との融合による新たな宇宙利用技術に関する研究開発を行うことにより、環境、農業・漁業、防災、スポーツ、地理空間等の様々な分野における実用化につながる、新たな価値を提供する技術の創出を目指す。

詳細につきましては、公募要領をご参照ください。
応募の対象者 予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であることとします。なお、未成年者、被保佐人又は被補助人であって、契約の締結のために必要な同意を得ている者は、同条中、特別な理由がある場合に該当するとします。また、文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこととします。

課題を自ら実施する能力を有し、文部科学省と委託契約を締結することができる以下に示す国内の大学、研究機関、民間企業その他の機関に所属する者、またはこれらの機関に所属する者で構成する研究チーム(以下「研究チーム」という。)とします。複数の機関に所属する者で構成する研究チームが応募する場合は1つの機関が主管実施機関となり、その他の機関は共同参画機関となります。提案書は主管実施機関より提出してください。
<対象機関>
・大学等
 国公私立大学、大学共同利用機関、高等専門学校等、地方公共団体、国公立試験研究機関、独立行政法人(ただし、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構を除く。)、特殊法人、認可法人、公益法人、特定非営利活動法人等
・民間企業(法人格を有する者)
・その他法人格を有する者

詳細につきましては、公募要領をご参照ください。
スケジュール
対象業務 日程
公募開始3月8日(金曜日)
公募締切5月9日(木曜日)17時
第1次審査(書面審査)5月中
第2次審査(面接審査)6中旬~下旬
課題採択、採択通知もしくは不採択通知7月上旬
委託契約、委託業務開始9月中
  
  
連絡事項 ・e-Radにおける提出書類である「応募情報ファイル(必須)(PDFにて10MB以下)」について、提出書類一式(様式1~5)及び通知写し(審査基準「(4)ワーク・ライフ・バランス等の推進に関する評価」関連)をまとめてPDF化したものを御提出ください。

・海外の研究機関・研究者のe-Rad登録にあたって、文部科学省内の手続きが必要になりますので、事務局(uchu@mext.go.jp)まで御連絡ください。
※e-Rad登録には2週間以上かかる場合があります。

・応募単位は「研究機関」となっております。応募の際は研究機関の事務代表者が必要書類等を御提出ください。

・審査の途中経過等に関する問い合わせは一切受け付けません。また、これら以外の問い合わせについては、質問者が特定される情報等を伏せた上で、質問及び回答の内容を本委託費ホームページにて公開させていただきます。可能な限りメールにてお問合せいただくようお願いします。
公募担当者情報 部・課 文部科学省 研究開発局 宇宙開発利用課
担当者氏名 助川、杉浦
電話番号 03-6734-4151
FAX番号  
メールアドレス uchu@mext.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 2019年度宇宙航空科学技術推進委託費の公募について
制度・事業URL 宇宙航空科学技術推進委託費
操作マニュアル(制度・事業固有版)