公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
公募年度 2019
公募名 2019年度ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)
研究分野 (その他)
その他
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 2年
応募受付期間 2019/03/01 10:00 ~ 2019/04/11 12:00
事業分類カテゴリ 研究助成 、 実証事業(フィールドテスト) 、 その他
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む)
応募額の制限 応募額の制限 (下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の10%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 平成31年度 ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)に係る公募について
過去の採択状況URL 平成30年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」の採択課題について

詳細

応募の概要 ロボット介護機器開発・標準化事業では、我が国の新しいものづくり産業の創出に貢献することで健康長寿社会の実現に寄与することを目的としており、ロボット介護機器開発を支援する【開発補助事業】、各種基準等の開発・標準化を支援する【基準策定・標準化事業】、介護現場での効果測定を支援する【効果測定・評価事業】の3領域から構成されています。
本事業は、平成25年度から経済産業省において開始され、平成27年度からAMEDに移管されて平成29年度に終了した「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の後継事業であり、平成30年度から開始されています。

今回の公募は上記の開発補助事業であり、経済産業省と厚生労働省が連携して策定した重点分野について、介護現場のニーズに基づいて介護の質を向上し、自立を支援するロボット介護機器の開発補助を実施します。
今回公募対象となるロボット介護機器は、重点分野のうち、平成29年10月の改訂で追加された、移動支援(装着移動)、排泄支援(排泄予測、排泄動作支援)、見守り・コミュニケーション(コミュニケーション)、介護業務支援(業務支援)の4分野5項目のいずれかの機器です。

詳細は公募要領をご参照下さい。
応募の対象者 本事業の応募対象者は、企業(中小企業、大企業及び技術研究組合)または、企業を代表機関とするチームとなります。

詳細は公募要領をご参照下さい。
スケジュール
対象業務 日程
書面審査2019年4月中旬~5月上旬(予定)
面接(ヒアリング)2019年5月16日(予定)
採択可否の通知2019年6月中旬(予定)
研究開発開始予定日2019年7月中旬より順次(計画が整い次第)
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 産学連携部医療機器研究課
担当者氏名 ロボット介護機器開発・標準化事業担当
電話番号 03-6870-2213
FAX番号 03-6870-2242
メールアドレス robot-kaigo@amed.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL  
制度・事業URL ロボット介護機器開発・標準化事業
操作マニュアル(制度・事業固有版)