公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 放射線業務従事者の健康影響に関する疫学研究(190702)
研究分野 (ライフサイエンス)
生態学、環境学、自然人類学、応用人類学、神経科学一般、神経形態学、神経機能学、薬系化学、創薬科学、薬系分析、物理化学、薬系衛生、生物化学、薬理学、環境、天然医薬資源学、医療薬学、解剖学、生理学、医化学、病態医化学、人体病理学、実験病理学、寄生虫学、細菌学、ウイルス学、免疫学、腫瘍生物学、腫瘍診断、治療学、基盤脳科学、認知脳科学、病態神経科学、内科学一般、神経内科学、精神神経科学、放射線科学、胎児医学、小児成育学、消化器内科学、循環器内科学、呼吸器内科学、腎臓内科学、皮膚科学、血液、腫瘍内科学、膠原病、アレルギー内科学、感染症内科学、代謝、内分泌学、外科学一般、小児外科学、消化器外科学、心臓血管外科学、呼吸器外科学、麻酔科学、救急医学、脳神経外科学、整形外科学、泌尿器科学、産婦人科学、耳鼻咽喉科学、眼科学、形成外科学、常態系口腔科学、病態系口腔科学、保存治療系歯学、口腔再生医学、歯科医用工学、補綴系歯学、外科系歯学、成長、発育系歯学、社会系歯学、医療管理学、医療系社会学、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む、衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない、法医学、基礎看護学、臨床看護学、生涯発達看護学、高齢者看護学、地域看護学、リハビリテーション科学、スポーツ科学、体育、身体教育学、栄養学、健康科学、生体医工学、生体材料学、医用システム、医療技術評価学、医療福祉工学
(環境)
放射線影響
(その他)
その他
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 5年 から (最長) 5年
応募受付期間 2019/03/08 10:00 ~ 2019/04/08 17:00
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 個人
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1,000(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL
過去の採択状況URL 採択課題について

詳細

応募の概要 (1)研究の背景及び目標
 東京電力株式会社福島第一原子力発電所では、平成23年3月14日から同年12月16日まで、緊急作業被ばく限度を100mSvから250mSvに一時的に引き上げており、この間、約2万人の労働者が作業に従事し、100mSvを超える被ばくを受けた者は174人となっている。これら緊急作業に従事した労働者(約2万人)について、放射線による健康障害の発生が懸念されることから、「東電福島第一原発緊急作業従事者に対する疫学的研究のあり方に関する専門家検討会報告書」(以下「検討会報告書」という。)に基づき、当該労働者を生涯にわたって追跡調査し、放射線の健康影響に関する疫学的研究を行う。
 なお、本研究は、平成26年度から実施している「東電福島第一原発における緊急作業従事者に対する疫学的研究」の成果を踏まえて実施するものとする。

(2)求められる成果
 緊急作業に従事した労働者を対象として、検討会報告書に基づき、以下の事項を含む研究を行う。
① 健康影響の把握
・健康診断の実施と分析(健康診断には、甲状腺検査、白内障検査及び心理的影響に関する調査を含む。)
・人口動態調査やがん登録制度の活用
② 累積被ばく線量の把握
③ 交絡因子の把握
④ その他低線量被ばくの健康影響の評価に資する研究

(3)研究の規模等
 研究費の規模:1課題当たり480,000千円程度(1年当たりの研究費。間接経費を含む。)
 新規採択予定課題数:1課題

留意事項:① 研究計画の作成に当たっては、平成26年度から実施している「東電福島第一原発緊急作業従事者に対する疫学的研究」との継続性に配慮すること。
② 検討会報告書第7の3に示すとおり、統括研究機関の中に、公表すべき学術的報告を審査するための組織を設ける必要があることに留意すること。
③ 研究代表者は、検討会報告書第7の2に示される国際的に研究実績が評価されている研究者を含んだ独立委員会(第三者委員会)を設置し、国際的な立場からの評価を受け、その結果を報告書にまとめて国際的に発信する必要があることに留意すること。2014年度から2018年度までの研究について2019年度中、2019年度から2023年度までの研究について2023年度中に実施すること。
④ 研究代表者の所属する機関は、検討会報告書第6の6の(1)に示されるアからウまでの統括研究機関の要件を満たす必要があることに留意すること。ただし、ウの要件については、研究分担者の所属する機関に委託することをもって要件を満たすことができる。研究代表者の所属する機関は、検討会報告書第6の3に示される統括研究機関の役割(1)から(6)を担う必要があることに留意すること。ただし、(2)、(4)及び(5)の役割については、研究分担者の所属する機関又は専門性を有する外部機関に委託することをもって役割を担うことができる。
⑤ 本研究には、若手研究者を参加させることが望ましいことに留意すること。
応募の対象者 個人、法人※詳細は「2019年度労災疾病臨床研究事業費補助金公募要項」を確認してください。
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び評価委員会2019年4月~5月
審査結果通知2019年5月頃
  
  
  
  
  
  
連絡事項 ※法人として応募する場合には、以下の担当まで照会してください。
公募担当者情報 部・課 厚生労働省労働基準局労災管理課
担当者氏名 山口
電話番号 03-5253-1111(内5469)
FAX番号 03-3502-6747
メールアドレス yamaguchi-keiko@mhlw.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL  
制度・事業URL 労災疾病臨床研究補助金事業
操作マニュアル(制度・事業固有版)