公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 国立研究開発法人科学技術振興機構
公募年度 2019
公募名 A-STEP シーズ育成タイプ 2019年度公募
研究分野 (ライフサイエンス)
植物栄養学、土壌学、応用微生物学、生物有機化学、食品科学、応用分子細胞生物学、森林科学、木質科学、水圏生産科学、動物生産科学、獣医学、動物生命科学、実験動物学、分子生物学、構造生物化学、機能生物化学、生物物理学、ゲノム生物学、システムゲノム科学、細胞生物学、発生生物学、植物分子、生理科学、形態、構造、動物生理化学、生理学、行動学、遺伝学、進化生物学、多様性生物学、分類学、生態学、環境学
(情報通信)
機械力学、メカトロニクス、ロボティクス、知能機械システム、情報学基礎論、数理情報学、統計科学、計算機システム、ソフトウェア、情報ネットワーク、情報セキュリティ、データベース、高性能計算、計算科学、知覚情報処理、ヒューマンインタフェース、インタラクション、知能情報学、ソフトコンピューティング、知能ロボティクス、感性情報学、生命、健康、医療情報学、ウェブ情報学、サービス情報学、学習支援システム、エンタテインメント、ゲーム情報学
(環境)
遺伝育種科学、作物生産科学、園芸科学、植物保護科学、昆虫科学、生物資源保全学、ランドスケープ科学、農業社会構造、地域環境工学、農村計画学、農業環境工学、農業情報工学、環境農学、環境動態解析、放射線影響、化学物質影響、環境影響評価、環境負荷、リスク評価管理、環境負荷低減技術、保全修復技術、環境材料、リサイクル技術、自然共生システム、循環型社会システム、環境政策、環境配慮型社会
(ナノテク・材料)
金属材料物性、無機材料、物性、複合材料、界面、構造材料、機能材料、材料加工、組織制御、金属生産、資源生産、ナノ構造化学、ナノ構造物理、ナノ材料科学、ナノバイオサイエンス、ナノマイクロシステム、応用物性、薄膜、表面界面物性、応用物理一般、結晶工学、光工学、光量子科学、基礎物理化学、機能物性化学、構造有機化学、物理有機化学、有機合成化学、無機・錯体化学、分析化学、グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学、高分子化学、高分子材料、有機機能材料、無機物質、無機材料化学、エネルギー化学、生体化学、生物分子化学、ケミカルバイオロジー
(エネルギー)
プラズマ科学、核融合学、プラズマ応用科学、原子力工学、地球資源工学、エネルギー学、量子ビーム科学
(ものづくり技術)
材料力学、機械材料、加工学、生産工学、設計工学、機械要素、トライボロジー、流体工学、熱工学、電力工学、通信工学、計測工学、制御、システム工学、電気電子材料工学、電子デバイス、電子機器、移動現象、単位操作、反応工学、プロセスシステム工学、触媒プロセス、資源化学プロセス、バイオ機能応用、バイオプロセス工学
(社会基盤)
土木材料、施工、建設マネジメント、構造工学、地震工学、地盤工学、水工学、土木計画学、交通工学、土木環境システム、建築構造、材料、建築環境、建築設備、建築計画、都市計画、建築史、意匠、社会システム工学、安全工学、防災工学
(フロンティア)
航空宇宙工学、船舶海洋工学
(自然科学一般)
代数学、幾何学、基礎解析学、数理解析学、数学基礎、応用数学、統計数学、数理物理、物性基礎、半導体、光物性、原子物理、磁性、超伝導、強相関系、生物物理、化学物理、ソフトマターの物理、素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論、素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験、天文学、宇宙惑星科学、大気水圏科学、地球人間圏科学、固体地球科学、地球生命科学
(その他)
その他
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 7年
応募受付期間 2019/03/11 14:00 ~ 2019/05/13 12:00
事業分類カテゴリ 共同研究 、 委託研究 、 SBIR
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 A-STEPは⼤学・公的研究機関等で⽣まれた国⺠経済上重要な科学技術に関する研究成果を実⽤化することにより、社会へ還元することを⽬指す技術移転⽀援プログラムです。

本公募はA-STEPの産学共同フェーズ「シーズ育成タイプ」であり、⼤学等の研究成果に基づく顕在化したシーズの可能性検証及び実⽤性検証のため、産学共同での本格的な研究開発を実施するものです。
社会的・経済的なインパクトに繋がることが期待できるイノベーションの創出に向け、科学技術の知⾒に基づいた、中核となる技術の構築、或いは中核技術の構築に資する成果を得ることを⽬指します。
シーズ育成タイプによる⽀援終了後には、得られた成果を基に、企業において実⽤化に向けた研究開発を継続していただくことを期待します。

「課題提案の要件」について、必ず公募要領を確認してください。
応募の対象者 企業等に所属する企業責任者と、⼤学等に所属する研究責任者の連名での課題提案であることが必要です。

企業責任者(プロジェクトリーダー)
a. ⾃ら研究開発を⾏う能⼒があること。また、研究開発を⾏っていて⽇本の法⼈格を有する⺠間企業に常勤すること。
b. 研究開発の実施期間中、⽇本国内に居住し、研究開発全体の取りまとめに関し、責任を持つこと。
c. 研究倫理に関する教育プログラムを修了していること。

研究責任者
a. シーズの創出にかかわった者であること。(シーズが特許の場合は、その発明者であること。)
b. 研究開発の実施期間中、⽇本国内に居住し、かつ、⽇本国内の⼤学等に常勤の研究者として所属していること。あるいは、⽇本国内の⼤学等を主たる所属先として常勤の研究者と同等の研究開発環境にあり、所属機関がその研究者を契約上の研究担当者とした研究受託が可能であること。
スケジュール
対象業務 日程
書類選考2019年5月中旬~6月下旬
面接選考2019年7月中旬~8月上旬
課題選定2019年8月中旬~下旬
研究開発開始2019年10月1日(予定)
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 産学連携展開部
担当者氏名 A-STEP募集担当窓口
電話番号 03-5214-8994
FAX番号  
メールアドレス a-step@jst.go.jp
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL  
制度・事業URL A-STEP制度ページ
操作マニュアル(制度・事業固有版)