公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 腎疾患対策検討会報告書に基づく慢性腎臓病(CKD)に対する地域における診療連携体制構築の推進に資する研究(19FD0101)
研究分野 (ライフサイエンス)
腎臓内科学
(情報通信)
統計科学
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/03/29 09:00 ~ 2019/05/10 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 大学等 、 研究者・研究チーム 、 地方公共団体 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限) 1(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 2019年度 厚生労働科学研究費補助金公募要項(二次)
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
 2028 年までに新規透析導入患者数を35,000 人以下(2016 年比で約10%減少)とする等の目標を掲げた平成30 年度版腎疾患対策検討会報告書で、最も強調された対策は、「地域における診療連携体制の構築」である。既に、CKD の重症度による紹介基準等を活用した、かかりつけ医と腎臓専門医間の連携等の好事例は存在するが、医療従事者と行政間の連携不足等で、好事例の横展開が進まないことが課題である。本研究では、全国を大都市、過疎地等を含む8ブロック程度に分けて、ブロック毎のCKD 診療連携体制に関する実態調査、評価指標等を用いた対策の進捗管理、均てん化に資するエビデンスの構築、都道府県及び市町村の腎疾患対策担当者との連携体制の構築等を行い、地域における診療連携体制の構築の推進に資する知見を得ることを目標とする。また関連学会や患者会等と連携した様々な普及・啓発活動、患者のQOL 維持・向上に資する成果等も期待される。

(求められる成果)
・ 全国を大都市、過疎地等を含む8ブロック程度に分け、ブロックごとにおける、CKD診療連携体制に関する実態調査、対策の立案と実施の支援、報告書で示された評価指標等を用いた進捗管理、均てん化に資するエビデンス構築、今後の戦略策定等

・ 好事例を都道府県発で市町村へと横展開した結果の検証

・ 参加した地域以外も含む、地方公共団体を対象とした成果報告会の実施とアンケート調査結果

・ CKD 診療連携体制構築の推進に資する方法・資材等の開発
応募の対象者 特記なし。
スケジュール
対象業務 日程
書面審査及び事前評価委員会の開催2019年5月中旬~6月中旬を予定
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 厚生労働省健康局がん・疾病対策課
担当者氏名 腎疾患政策研究事業 担当
電話番号 03ー5253ー1111(内線2359)
FAX番号 03ー3595ー2193
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 2019年度 厚生労働科学研究費補助金公募(二次)
制度・事業URL 2019年度 厚生労働科学研究費補助金公募(二次)
操作マニュアル(制度・事業固有版)