公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 厚生労働省
公募年度 2019
公募名 疾病横断的な慢性疼痛患者の簡便な客観的評価法の開発とその普及による医療向上に資する研究(19FG0201)
研究分野 (ライフサイエンス)
神経科学一般、神経形態学、神経機能学、医療薬学、解剖学、生理学、医化学、病態医化学、基盤脳科学、認知脳科学、病態神経科学、内科学一般、神経内科学、精神神経科学、外科学一般、小児外科学、脳神経外科学、整形外科学、形成外科学、医療管理学、医療系社会学、基礎看護学、臨床看護学、リハビリテーション科学、体育、身体教育学
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 1年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/03/29 09:00 ~ 2019/05/10 17:30
事業分類カテゴリ 研究助成
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体 、 個人 、 その他
応募額の制限 応募額の制限 (下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の30%を上限
再委託費・
共同実施費
0(千円)まで
公募要領URL 2019年度厚生労働科学研究費補助金二次公募
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 (目標)
慢性疼痛は、様々な疾病が原因となっているが、疾病ごとに評価法を作成することは非効率的であり、少なくとも病態が共通の疾病群に関しては、疾病横断的に共通に使用できる評価指標が有用である。本研究課題は、日常診療における疼痛の程度や治療効果の評価のみならず、新規治療薬の承認時のアウトカムの評価等への活用につながり、かつ簡便に疼痛の程度を評価可能な客観的な要素を含む評価法を確立することを目標とする。(なお、AMED 研究等で実施されている脳波やバイオマーカー等を用いた評価法の開発は本事業では除く。)また、関連学会等と連携した様々な普及・啓発活動、痛みセンター等を含めた医療機関における汎用性の高い本評価法の活用により、患者のQOL 維持・向上に資する成果、適切な医療提供体制の構築等への貢献も期待される。
(求められる成果)
・ 関係学会から承認された痛みの簡便な客観的な要素を含む評価法等の開発(例:診察室で簡便にできる身体所見の客観的な検査法)
・ 痛みセンター等での評価法を利用した診療における妥当性や課題の評価
・ 評価法を利用することによる患者の療養生活環境整備やQOL 向上に資する診療体制の構築等への反映
・ 痛みセンター等での支援に対する保険適応を検討するためのエビデンスの提供
応募の対象者  
スケジュール
対象業務 日程
書面評価及び事前評価委員会の開催2019年5月中旬から6月上旬
  
  
  
  
  
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課 健康局難病対策課
担当者氏名 難病調査研究係
電話番号 03-5253-1111(内線2356)
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 2019年度厚生労働科学研究費補助金二次公募
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)