公募の詳細|府省共通研究開発管理システム(e-Rad)ポータルサイト

概要閉じる

配分機関名 文部科学省
公募年度 2019
公募名 活断層評価の高度化・効率化のための調査
研究分野 (人文・社会)
地理学
(自然科学一般)
固体地球科学
キーワード  
受け付ける研究期間(最短・最長) (最短) 3年 から (最長) 3年
応募受付期間 2019/04/17 15:00 ~ 2019/06/14 17:00
事業分類カテゴリ 委託研究
対象者カテゴリ 企業(団体等を含む) 、 大学等 、 研究者・研究チーム 、 技術移転機関 、 地方公共団体 、 NPO等非営利団体
応募額の制限 応募額の制限 (下限)--.--(千円) ~ (上限) 453,000(千円)
間接経費
(上限金額設定)
直接経費の10%を固定配分
再委託費・
共同実施費
(下限)--.--(千円) ~ (上限) 999,999,999(千円)
公募要領URL 平成31年度科学技術基礎調査等委託事業「活断層評価の高度化・効率化のための調査」の公募について
過去の採択状況URL  

詳細

応募の概要 地震調査研究推進本部(以下、地震本部)では、マグニチュード7以上の大きな地震を発生させる可能性がある「主要活断層帯」を全国で114指定して長期評価を公表している。しかし、主要活断層帯の中には、地震発生履歴や平均活動間隔等の基礎データの不足により、地震発生確率が不明(Xランク)とされる活断層(以下、Xランクの活断層)が存在している。Xランクの活断層は、地形的制約などにより従来の調査手法ではデータ取得が困難であるため、評価に必要な基礎データが不足しているが、活断層で発生する地震に対する防災・減災の観点からは、可及的速やかにこれらの活断層の詳細を明らかにし、地震発生確率を算出することが重要である。以上の背景から、Xランクの活断層の地震発生確率算出に資するデータの取得手法を開発するとともに、活断層の長期評価の効率化を試みる事業を実施する。
応募の対象者 応募は日本国内の以下の機関を対象とする。また、複数の機関により共同申請することができる。
・大学、大学共同利用機関法人
・国立研究開発法人、独立行政法人
・地方公共団体、地方独立行政法人
・公益社団法人、公益財団法人、一般財団法人、一般社団法人
・特定非営利活動法人
・その他法人格を有する者
共同申請に当たっては、1つの機関が代表機関となり、代表機関から再委託を受ける機関は参加機関(再委託機関)となる。
スケジュール
対象業務 日程
公募開始2019年4月17日(水)
参加表明書の提出2019年6月7日(金)12時
公募締切2019年6月14日(金)17時
審査2019年6月25日(火)
採択決定2019年7月上旬(予定)
事業開始2019年8月上旬以降(予定)
  
  
連絡事項  
公募担当者情報 部・課  
担当者氏名  
電話番号  
FAX番号  
メールアドレス  
応募要領ファイル ダウンロード
申請様式ファイル ダウンロード Word(Win) Word(Mac) 一太郎
URL 平成31年度科学技術基礎調査等委託事業「活断層評価の高度化・効率化のための調査」の公募について
制度・事業URL  
操作マニュアル(制度・事業固有版)