Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2020
Call for applications 認知症対応型AI・IoTシステムの研究開発
Research field
(Life Science)
Psychiatry、Clinicalnursing、Gerontologicalnursingandcommunityhealthnursing、(Informatics)
Mechanicsandmechatronics、Roboticsandintelligentsystem、Theoryofinformatics、Mathematicalinformatics、Statisticalscience、Computersystem、Software、Informationnetwork、Informationsecurity、Database、Highperformancecomputing、Computationalscience、Perceptualinformationprocessing、Humaninterfaceandinteraction、Intelligentinformatics、Softcomputing、Intelligentrobotics、Kanseiinformatics、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、Learningsupportsystem、Entertainmentandgameinformatics、(Manufacturing Technology)
Communicationandnetworkengineering、Electrondeviceandelectronicequipment、(Social Infrastructure )
Socialsystemsengineering
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/01/08 17:00 ~ 2020/02/13 10:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 540,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 我が国において 2012(平成 24)年で認知症の人の数は約 462 万人、軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)の人の数は約 400 万人と推計され、合わせると 65 歳以上高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備軍とも言われており、2018(平成 30)年には認知症の人の数は 500 万人を超え、65 歳以上高齢者の約7人に1人が認知症と見込まれています。こうした中、令和元年6月18日に「認知症施策推進大綱」(認知症施策推進関係閣僚会議)がまとめられ、本大綱においては「認知症の発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指し、認知症の人や家族の視点を重視しながら、「共生」と「予防」を車の両輪として施策を推進していく。」とされています。また、「認知症の発症や進行の仕組みの解明、予防法・診断法・治療法等の研究開発を進める。」とされているため、早期の研究開発の実施が求められているところです。 また、平成29年度及び平成30年度の総務省の実証事業において、認知症に伴う行動・心理症状(叫声、拒絶、徘徊等)(BPSD:Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)について、IoTセンサーで得たデータと従前のケア方法をAIが解析して介護者に通知することで、BPSDの発症を74%予防し、介護負担を軽減する効果があるという新たな知見(例:利用者の30分間の呼吸数が減少し、かつ、脈拍数が増加する場合に、BPSDを発症する可能性が高まる)が得られており、当該成果の可及的速やかな実用化と普及が望まれます。 本事業は、複数の研究者によるIoTデータ基盤を構築し、IoTデータ等を収集し、BPSDの事前予測に関するAI(人工知能)解析及びその精度向上を行います。また、BPSDの予防効果についての医学的なエビデンスの獲得、医療現場や在宅介護においても展開可能な最適なセンサーの組み合わせやAIの研究開発、その他認知症ケアに有用なシステムの研究開発を進め、介護負担の大幅な軽減に繋げることを目指します。
Application targets 本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件の国内の研究機関等に所属し、かつ、主たる研究場所とし、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者(以下「研究開発代表者」という。)とします。
Schedule
Target work Schedule
公募期間2020年1月8日(水)~2020年2月12日(水)
書面審査2020年2月中旬~2020年2月下旬
ヒアリング2020年3月9日(月)
採択可否の通知2020年3月下旬
契約・研究開始2020年4月以降
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)