Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Application year 2020
Call for applications 令和2年度放射性物質測定調査委託事業
Research field 【General System】
(Environmental science)
Environmental analyses and evaluation、Environmental conservation、Sustainable and environmental system development
【Biosystems】
(Agricultural sciences)
Plant production and environmental agriculture、Agricultural chemistry 、Forest and forest products science、Applied aquatic science、Agricultural science in society and economy、Agro-engineering、Animal life science、Boundary agriculture
Keyword 放射性物質 濃度分布 移行係数
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 1year
Application period 2020/02/07 15:00 ~ 2020/04/07 17:00
Project category Research Grant 、 Collaborative research 、 Contract research 、 Investigation etc.
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 14,913(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum15% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit) 1(thousand yen) ~ (the upper limit) 7,456(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 委託事業参加者の公募(研究開発)
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 1 事業の目的 東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故(以下「福島原発事故」という。)の影響について、環境放射能レベルの調査を行い、放射性物質に汚染された農地における適切な除染や営農の実施及び食の安全の確保のために必要とされるデータや知見を提供することを目的とします。 2 令和2年度の公募課題 (課題名) 「福島県及びその周辺における農畜産物及び土壌の放射能汚染レベルの動向把握」 (調査研究内容) ① 福島原発事故による影響が想定される地域(福島県及び周辺県)を中心としたほ場を対象に、農作物及びその土壌(水稲1地点、小麦1地点、野菜2地点及び果樹1地点)、牛乳・飼料(2地点)並びに牧草・牧草地土壌(3地点)の放射性核種(137Cs及び134Cs、ただし牛乳については137Cs、134Cs及び90Sr)の濃度を年1回以上測定し、正確な放射性物質の移行係数を把握するとともに、移行係数の年変動の要因を解明します。 ② 福島県内の旧避難指示区域(帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域、避難指示解除区域)のほ場50地点以上から農地土壌を採取して、放射性核種(137Cs及び134Cs)の濃度を年1回測定し、ほ場における放射性核種の濃度分布を分析します。 ③ 福島県内の生産者のほ場を対象に、100地点以上から農作物及び農地土壌を採取して、放射性核種(137Cs及び134Cs)の濃度を年1回測定し、正確な放射性物質の移行係数を把握するとともに、移行係数の年変動の要因を解明します。
Application targets 応募要領をご覧ください。
Schedule
Target work Schedule
審査委員会による審査、委託予定先の決定令和2年4月中旬
委託契約の締結令和2年4月下旬以降を予定
  
  
  
  
  
  
Messages 詳細は、応募要領をご覧ください。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 農林水産技術会議事務局 研究企画課
Name 村井 貴樹
Phone number 03-3501-4609
Fax number 03-3507-8794
Email address takaki_murai670@maff.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)