Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Application year 2020
Call for applications 令和2年度農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究 ゲノム編集技術を活用した農作物品種・育種素材の開発(国民理解促進のための科学的知見の集積)
Research field
(Life Science)
Appliedmolecularandcellularbiology、Aquaticbioproductionscience、Aquatic life science、Molecularbiology、Genomebiology、Cellbiology、Developmentalbiology、Plantmolecularbiologyandphysiology、Animalphysiologicalchemistry,physiologyandbehavioralbiology、Genetics、Biodiversityandsystematics、(Environmental science)
Scienceinplantgeneticsandbreeding、Cropproductionscience
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2020/01/21 15:00 ~ 2020/03/12 17:00
Project category Research Grant 、 Collaborative research 、 Contract research 、 Investigation etc.
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 255,650(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum15% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度農林水産研究推進事業(委託プロジェクト研究)について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary  ゲノム編集技術は特定の遺伝子に高い精度で変異を生じさせることが可能で、農業競争力の強化につながる新品種の開発を加速化する新技術として大きく期待されています。令和元年には、関係省庁によりゲノム編集技術を応用した生物等の取扱い方針が定められ、その運用が開始されており、近い将来にゲノム編集作物等の流通が見込まれています。ゲノム編集技術を社会実装していくためには、様々な場で国民理解の促進を丁寧に進めていくことが必要不可欠であり、安全性に関する科学的なエビデンスの蓄積、評価手法の開発が早急に求められています。  本事業では、ゲノム編集作物等についてのオフターゲット変異や外来遺伝子の有無、生物多様性への影響等に対する国民の疑問に応えるために、必要となる科学的知見を収集するとともに、より効率的な安全性検証技術の確立のための基盤情報を調査します。
Application targets 応募要領をご覧下さい。
Schedule
Target work Schedule
審査委員会による審査・委託予定先の決定令和2年3月~4月を予定
委託契約の締結令和2年4月以降を予定
  
  
  
  
  
  
Messages 詳細は、応募要領をご覧下さい。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 農林水産技術会議事務局研究企画課技術安全室
Name 川上 実穂
Phone number 03-3502-7408
Fax number 03-3507-8794
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 令和2年度農林水産研究推進事業(委託プロジェクト研究)について
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)