Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Defense
Application year 2020
Call for applications 安全保障技術研究推進制度(令和2年度)
Research field
(Life Science)
Appliedmicrobiology、Applied biochemistry、Bioorganicchemistry、Appliedmolecularandcellularbiology、Molecularbiology、Structuralbiochemistry、Functionalbiochemistry、Biophysics、Cellbiology、Morphologyandanatomicalstructure、Animalphysiologicalchemistry,physiologyandbehavioralbiology、Pharmaceuticalchemistryanddrugdevelopmentsciences、Pharmaceuticalanalyticalchemistryandphysicochemistry、Pharmaceuticalhygieneandbiochemistry、Pharmacology、Environmentalandnaturalpharmaceuticalresources、Basicbrainsciences、Cognitiveandbrainscience、Neurology、Psychiatry、Rehabilitationscience、Sportssciences、Biomedicalengineering、Biomaterials、(Informatics)
Mechanicsandmechatronics、Roboticsandintelligentsystem、Theoryofinformatics、Mathematicalinformatics、Statisticalscience、Computersystem、Software、Informationnetwork、Informationsecurity、Database、Highperformancecomputing、Computationalscience、Perceptualinformationprocessing、Humaninterfaceandinteraction、Intelligentinformatics、Softcomputing、Intelligentrobotics、Kanseiinformatics、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、Learningsupportsystem、Entertainmentandgameinformatics、(Environmental science)
Insectscience、Agriculturalenvironmentalengineeringandagriculturalinformationengineering、Environmentaldynamicanalysis、Chemicalsubstanceinfluenceonenvironment、Environmentalimpactassessment、Environmentalloadandriskassessment、(Nanotechnology/Materials)
Metallicmaterialproperties、Inorganicmaterialsandproperties、Compositematerialsandinterfaces、Structuralmaterialsandfunctionalmaterials、Materialprocessingandmicrostructurecontrol、Metalsproductionandresourcesproduction、Nanometer-scalechemistry、Nanostructuralphysics、Nanomaterials、Nanobioscience、Nano/micro-systems、Appliedphysicalproperties、Thinfilm/surfaceandinterfacialphysicalproperties、Appliedcondensedmatterphysics、Crystalengineering、Opticalengineeringandphotonscience、Fundamentalphysicalchemistry、Functionalsolidstatechemistry、Structuralorganicchemistryandphysicalorganicchemistry、Syntheticorganicchemistry、Inorganic/coordinationchemistry、Analyticalchemistry、Greensustainablechemistryandenvironmentalchemistry、Polymerchemistry、Polymermaterials、Organicfunctionalmaterials、Inorganiccompoundsandinorganicmaterialschemistry、Energychemistry、Biochemistry、Chemistryandchemicalmethodologyofbiomolecules、Chemicalbiology、(Energy Engineering)
Fundamentalplasma、Appliedplasmascience、Earthresourceengineering,Energysciences、Quantumbeamscience、(Manufacturing Technology)
Mechanicsofmaterialsandmaterials、Manufacturingandproductionengineering、Designengineering、Machineelementsandtribology、Fluidengineering、Thermalengineering、Powerengineering、Communicationandnetworkengineering、Measurementengineering、Controlandsystemengineering、Electricandelectronicmaterials、Electrondeviceandelectronicequipment、Transportphenomenaandunitoperations、Chemicalreactionandprocesssystemengineering、Catalystandresourcechemicalprocess、Biofunctionandbioprocessengineering、(Social Infrastructure )
Civilengineeringmaterial,executionandconstructionmanagement、Structureengineeringandearthquakeengineering、Geotechnicalengineering、Hydroengineering、Civilengineeringplanandtransportationengineering、Buildingstructuresandmaterials、Socialsystemsengineering、Safetyengineering、Disasterpreventionengineering、(Frontier Technology)
Aerospaceengineering、Marineengineering、(Humanities & Social Sciences)
Socialpsychology、Experimentalpsychology、Design、Cognitivescience、(Natural Science)
Appliedmathematicsandstatistics、Mathematicalphysicsandfundamentaltheoryofcondensedmatterphysics、Semiconductors,opticalpropertiesofcondensedmatterandatomicphysics、Magnetism,superconductivityandstronglycorrelatedsystems、Biophysics,chemicalphysicsandsoftmatterphysics、Experimentalstudiesrelatedtoparticle-,nuclear-,cosmicrayandastro-physics、Astronomy、Atmosphericandhydrosphericsciences、Solidearthsciences
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2020/01/28 17:00 ~ 2020/05/27 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 2,000,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 安全保障技術研究推進制度 令和2年度公募関係
URL of past adoption statuses 安全保障技術研究推進制度 応募状況及び採択課題について

Details

Application summary  我が国の高い技術力は、防衛力の基盤であり、我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増す中、安全保障に関わる技術の優位性を維持・向上していくことは、将来にわたって、国民の命と平和な暮らしを守るために不可欠です。とりわけ、近年の技術革新の急速な進展は、民生技術と防衛技術のボーダレス化をもたらしており、今や安全保障上有益な研究は、全ての科学技術領域に広がっていると言っても過言ではありません。安全保障技術研究推進制度では、こうした状況を踏まえ、防衛分野での将来における研究開発に資することを期待し、先進的な民生技術についての基礎研究を公募・委託します。  本制度では、防衛装備庁が研究テーマを提示し、その研究テーマに沿った基礎研究を公募します。研究テーマに沿ったものであれば、どのような内容で応募するかは応募者の自由に任されていますが、特に、新規性、独創性又は革新性を有するアイディアに基づき、科学技術領域の限界を広げるような基礎研究を求めます。既存技術の提案や実用化に向けた工夫等、応用研究や開発は本制度の対象ではありませんので注意してください。なお、採択に当たって、防衛装備品への応用可能性は審査の観点に含めていません。  本制度では防衛装備庁が自ら行う防衛装備品そのものの研究開発ではなく、先進的な民生技術についての基礎研究を対象としていることから、研究成果については広く民生分野で活用されることを期待しています。そのため、防衛装備庁が研究者の研究成果の公表を制限することはなく、その研究成果について、将来にわたって特定秘密を始めとする秘密に指定することもありません。事実、これまでに本制度で得られた多数の研究成果が学会等を通じて公表されています(公募要領の1.3.1及び3.4を参照)。また、知的財産権についても、他の競争的資金制度と同様に、受託者に帰属させることを可能としています(公募要領の3.5を参照)。学問の自由及び基礎研究を含む学術の健全な発展は極めて重要であるとの基本認識の下、安全保障と科学技術の健全な関係構築に資する基礎研究を期待しています。  なお、国費を原資とする他の競争的資金制度と同様に、研究の進捗管理を行う必要があることから、本制度においても、防衛装備庁の職員が研究の円滑な実施や予算の適正な執行を図る観点から進捗管理を行いますが、これは、研究の内容に介入するためのものではありません。
Application targets 全ての研究実施者は、研究を実施する能力のある以下のいずれかの機関に所属していることが必要です。 ① 大学、高等専門学校又は大学共同利用機関 ② 独立行政法人(国立研究開発法人を含みます)、特殊法人又は地方独立行政法人 ③ 民間企業や研究を主な目的とする公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人、一般財団法人等 また、これらの機関及び研究実施場所は、原則として全て日本国内に所在していることが必要です。ただし、以下の者は研究実施者になることができません。 〇 応募時又は研究実施時に国家公務員又は地方公務員 の職にある者 〇 旧防衛省技術研究本部又は防衛装備庁において研究に関する職(非常勤職員は除きます)に従事し、当該職を離れてから5年を経過していない者 研究代表者については、上記に加えて以下の条件を満足する必要があります。 ① 日本国籍を有すること。 ② 日本語による面接審査や評価に対応できること。 ③ 研究期間中、応募時に所属していた研究実施機関に継続的に在籍できること (研究実施機関の統合、分割や組織改編等の場合は除きます)。
Schedule
Target work Schedule
公募期間1月28日(火)~5月27日(水)12:00
書類審査6月頃
面接審査7月頃
採択課題決定・公表8月頃
契約締結・研究開始(タイプA、C)10月頃以降
契約締結・研究開始(タイプS)12月頃以降
  
  
Messages ※本公募は、令和2年度の予算成立が前提となります。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 防衛装備庁 技術戦略部 技術振興官付
Name 安全保障技術研究推進制度担当
Phone number 03-3268-3111(内28513)
Fax number 03-3267-2047
Email address funding-kobo@cs.atla.mod.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 防衛装備庁:安全保障技術研究推進制度
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)