Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2020
Call for applications 令和2年度 産学連携医療イノベーション創出プログラム セットアップスキーム【ACT-MS】
Research field 【Biosystems】
(Medicine, dentistry, and pharm)
Pharmacy 、Basic medicine、Boundary medicine、Society medicine、Clinical internal medicine、Clinical surgery 、Dentistry、Nursing
Keyword 医薬品、医療技術、創薬、医学、抗体医薬、バイオ医薬、核酸医薬、診断薬、低分子標的薬、希少・難治性疾患、臨床研究、臨床試験、POC、治療薬、診断システム
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 2year
Application period 2020/02/03 12:00 ~ 2020/03/04 12:00
Project category Contract research
Target category University
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 40,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度「産学連携医療イノベーション創出プログラム」基本スキーム(ACT-M)、セットアップスキーム(ACT-MS)に係る公募について
URL of past adoption statuses 平成31年(令和元年)度 「産学連携医療イノベーション創出プログラム・基本スキーム(ACT-M)/セットアップスキーム(ACT-MS)」の採択課題について

Details

Application summary 本プログラムは、大学等と企業等や病院等との連携を構築しアカデミア(大学等)発の「技術シーズ」を産業界(企業等)に円滑かつ効果的に移転する(実用化プロセスに乗せる)ための、産学連携による研究開発を「提案公募方式」によって支援する制度です。本プログラムは 基本スキーム(ACT-M)およびセットアップスキーム(ACT-MS)より構成され、このうち、セットアップスキーム(ACT-MS)は、特に、大学等が有する「挑戦的な技術シーズ」を医療への適応を目指す企業に早期に戦略的に受け渡すことを目的とし、当該技術シーズを医療への適応のための課題を明確化してそれを解消するための研究開発、特許網構築およびビジネスプラン策定を重点的に支援する制度です。 これらにより、医療(医薬品、医療機器など)にイノベーションを実現し、AMEDが目指す3つのLIFE(生命・生活・人生)の向上を目指します。 生命 : 生命現象に関する学術的な研究成果を「新しい医療」につなげる視点 生活 : 医療に付随する生活の質(QOL)の向上を目指す視点。これまでに構築されてきた現代標準医療の高度化だけでなく、将来これらを凌駕する可能性のある「代替医療」や「統合医療」について科学的検証や論理的基盤の構築を試みるものも含みます。 人生 : 予防あるいは先制医療、若年期から老齢期に亘る長期的な視点。遺伝子情報(後天的な変化を含む)を活用するものを含みます。
Application targets 技術シーズを有する大学等と、その利用を希望する企業または起業家(以下「セットアップ企業」)による「共同提案」(産学連携の研究開発チーム) ※課題リーダー(代表応募者)は大学等の研究者
Schedule
Target work Schedule
書面評価3月中旬~5月中旬
面接評価6月上旬~6月中旬
採択7月中旬
研究開発開始7月下旬
  
  
  
  
Messages (注1)ヒアリングを実施する場合は、対象課題の課題リーダに対して、原則としてヒアリングの1週間前までに電子メールにてご連絡します(ヒアリング対象外の場合や、ヒアリング自体が実施されない場合には連絡しませんので、採択可否の通知までお待ちください)。ヒアリングの実施や日程に関する情報更新がある場合は、公募要領 Ⅲ.2. (1)項に記載のAMEDウェブサイトの公募情報に掲載しますので、併せて参照してください。ヒアリングの対象か否かに関する個別回答はしかねます。 (注2)課題リーダに対して、書面審査の過程で生じた照会事項を電子メールで送付する場合があります。当該照会事項に対する回答は、照会時にAMEDが指定する期日までにAMEDが指定する方法で速やかに回答してください。 (注3)ヒアリングの対象者は原則として課題リーダとします。ヒアリングの日程は変更できません。 (注4)ヒアリング終了後、必要に応じて、課題リーダに対して事務的な確認を行う場合があります。当該確認に対しては、AMEDが指定する方法で速やかに回答してください。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 産学連携部 産学連携課
Name ACTーM/ACTーMS事務局
Phone number 03-6870-2214
Fax number  
Email address sangaku-i@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 産学連携医療イノベーション創出プログラム・基本スキーム(ACT-M)/セットアップスキーム(ACT-MS)(医療分野研究成果展開事業)
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)