Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2020
Call for applications 令和2年度 産学連携医療イノベーション創出プログラム 基本スキーム【ACT-M】
Research field 【Biosystems】
(Medicine, dentistry, and pharm)
Pharmacy 、Basic medicine、Boundary medicine、Society medicine、Clinical internal medicine、Clinical surgery 、Dentistry、Nursing
Keyword 医薬品、医療技術、創薬、医学、抗体医薬、バイオ医薬、核酸医薬、診断薬、低分子標的薬、希少・難治性疾患、臨床研究、臨床試験、POC、治療薬、診断システム
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/02/03 12:00 ~ 2020/03/04 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 150,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度 「産学連携医療イノベーション創出プログラム」基本スキーム(ACT-M)、セットアップスキーム(ACT-MS)に係る公募について
URL of past adoption statuses 平成31年(令和元年)度「産学連携医療イノベーション創出プログラム・基本スキーム(ACT-M)/セットアップスキーム(ACT-MS)」の採択課題について

Details

Application summary 本プログラムは、大学等と企業や病院等との連携を構築しアカデミア発の「技術シーズ」を産業界(企業)に円滑かつ効果的に移転する(実用化プロセスに乗せる)ための、産学連携による研究開発を「提案公募方式」によって支援する制度です。 基本スキーム(ACT-M)は、「探索段階を終えた技術シーズ」について、実用化(事業化)のための課題を具体的に解消します。 企業が実用化を目指す課題について、ヒトPOC(Proof of Concept) の確立および上市を最終目標とし、産学が役割分担(連携)して研究開発を実施します。 これらにより、医療(医薬品、医療機器など)にイノベーションを実現し、AMEDが目指す3つのLIFE(生命・生活・人生)の向上を目指します。 生命 : 生命現象に関する学術的な研究成果を「新しい医療」につなげる視点 生活 : 医療に付随する生活の質(QOL)の向上を目指す視点。これまでに構築されてきた現代標準医療の高度化だけでなく、将来これらを凌駕する可能性のある「代替医療」や「統合医療」について科学的検証や論理的基盤の構築を試みるものも含みます。 人生 : 予防あるいは先制医療、若年期から老齢期に亘る長期的な視点。遺伝子情報(後天的な変化を含む)を活用するものを含みます。
Application targets 技術シーズを有する大学等と、その実用化を目指す企業が、その臨床的利用と検証が可能となる研究開発体制を構築した「共同提案」(産学連携の研究開発チーム) ※課題リーダー(代表応募者)は大学等、企業、どちらからでも構わない
Schedule
Target work Schedule
書面審査3月中旬~5月中旬
面接6月上旬~6月中旬
採択7月中旬
研究開発開始7月下旬
  
  
  
  
Messages (注1)ヒアリングを実施する場合は、対象課題の課題リーダに対して、原則としてヒアリングの1週間前までに電子メールにてご連絡します(ヒアリング対象外の場合や、ヒアリング自体が実施されない場合には連絡しませんので、採択可否の通知までお待ちください)。ヒアリングの実施や日程に関する情報更新がある場合は、公募要領 III.2.(1)項に記載のAMEDウェブサイトの公募情報に掲載しますので、併せてご参照ください。ヒアリングの対象か否かに関する個別回答はしかねます。 (注2)課題リーダに対して、書面審査の過程で生じた照会事項を電子メールで送付する場合があります。当該照会事項に対する回答は、照会時にAMEDが指定する期日までにAMEDが指定する方法で速やかに回答してください。 (注3)ヒアリングの対象者は原則として課題リーダとします。ヒアリングの日程は変更できません。 (注4)ヒアリング終了後、必要に応じて、課題リーダに対して事務的な確認を行う場合があります。当該確認に対しては、AMEDが指定する方法で速やかに回答してください。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 産学連携部 産学連携課
Name ACT-M/ACT-MS事務局
Phone number 03-6870-2214
Fax number  
Email address sangaku-i@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 産学連携医療イノベーション創出プログラム・基本スキーム(ACT-M)、セットアップスキーム(ACT-MS)(医療分野研究成果展開事業)
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)