Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Application year 2020
Call for applications 令和2年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうち国際共同研究パイロット事業(イスラエル及びロシアとの共同公募に基づく研究分野)及び日中二国間共同研究事業
Research field
(Life Science)
Applied biochemistry、Forestscience、Animallifescience、Molecularbiology、Genetics、Biodiversityandsystematics、Ecologyandenvironment、Virology、(Environmental science)
Scienceinplantgeneticsandbreeding、Cropproductionscience、Horticulturalscience、Plantprotectionscience、Insectscience、Conservationofbiologicalresources、Environmentalagriculture
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2020/02/21 10:00 ~ 2020/04/01 17:00
Project category Collaborative research 、 Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum15% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうち国際共同研究パイロット事業(イスラエル及びロシアとの共同公募に基づく研究分野)及び日中二国間共同研究事業
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary  近年、社会経済のグローバル化や情報化が深化し、世界的に研究開発競争が激化する中で、従来以上にスピード感を持って革新的な技術シーズを生み出し、それら技術シーズを商品化・事業化につなげていくことが必要となっています。こうした中、他国の研究機関等が持つ強みを積極的に我が国の研究に導入し、我が国の有する高い農林水産・食品分野の研究開発能力と組み合わせ、革新的な技術シーズを生み出す国際共同研究を実施することが必要です。  国際共同研究パイロット事業は、農林水産省とイスラエル農業・農村開発省及び農林水産省とロシア科学基金が定める研究開発領域において、日本とイスラエル及び日本とロシアの研究機関が共同で研究開発を実施する課題のうち日本国内の研究機関が実施する研究開発の委託を行う制度です。  日中二国間共同研究事業は、農林水産省と中国農業農村部が定める研究開発領域において、日本と中国の研究機関が共同で研究開発を実施する課題のうち日本国内の研究機関が実施する研究開発の委託を行う制度です。 ※コロナウイルス対策の一環で、4月6、7、9日に開催を予定しておりました審査委員会は対面での審査は中止とし、書面審査にてとり行うことになりました。応募者におかれましては、説明資料の準備をお願いいたします(動画、スライド、wordファイル等任意)。 審査の日程は以下を予定しております。 令和2年4月5日   応募者は事務局に審査説明資料を提出     4月6日   事務局は審査委員に審査書類一式を送付      ~     審査委員による審査     4月15日  審査終了 
Application targets 応募要領をご覧ください。
Schedule
Target work Schedule
審査委員会による審査、委託予定先の決定令和2年4月6日~10日審査会開催予定、4月中旬委託先の決定通知
委託契約の締結令和2年5月以降を予定
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 農林水産技術会議事務局国際研究官室
Name 榎本 大輔
Phone number 03-3502-7466
Fax number 03-5511-8788
Email address daisuke_enomoto100@maff.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)