Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Internal Affairs and Communications
Application year 2020
Call for applications 多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発
Research field
(Informatics)
Mechanicsandmechatronics、Roboticsandintelligentsystem、Theoryofinformatics、Mathematicalinformatics、Statisticalscience、Computersystem、Software、Informationnetwork、Informationsecurity、Database、Highperformancecomputing、Computationalscience、Perceptualinformationprocessing、Humaninterfaceandinteraction、Intelligentinformatics、Softcomputing、Intelligentrobotics、Kanseiinformatics、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、Learningsupportsystem、Entertainmentandgameinformatics
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2020/03/03 14:00 ~ 2020/04/03 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度 情報通信技術の研究開発に係る提案の公募
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 本委託研究は、総務省が研究開発課題を指定して、その研究開発の実施機関を公募し、これを選定の上、民間等の研究開発機関に委託することにより研究開発を行うものです。 (1) 総務省が指定する研究開発課題に対して受託を希望する研究開発機関は、所定の提案書を総務省に提出することにより、応募することができます。 (2) 提案書については別紙7「総務省情報通信研究評価実施指針」(平成30年2月)を踏まえ設定した後述の「5.(2)評価基準」に基づいて外部評価を行い、総務省が委託先候補となる研究開発機関を選定します。 (3) 選定された研究開発機関は、総務省との間で委託契約を締結し、研究開発を実施します。
Application targets 以下のa.からg.の要件を満たす、単独ないし複数の企業、大学、国立研究開発法人等の研究開発機関等 a.当該研究開発課題に係る技術又は関連技術についての研究開発の実績を有し、かつ、当該委託研究を実施するために必要な組織、人員等を有していること。 b.事業の実施の効率性や機動性向上の観点から、原則、日本国内に研究拠点を持つ研究開発機関等であること。海外研究拠点での研究開発は、研究項目の中で国内研究拠点において実施し得ないテーマ、海外の特殊な設備等を使用せざるを得ないテーマ等に限られていること。 c.当該委託研究を円滑に執行するために必要な経営基盤を有し、かつ資金等について十分な管理能力を有していること。 d.当該委託研究の全部又は一部を複数の企業等が共同して実施する場合(以下、このような形態で実施される研究開発を「共同研究」という。)、各研究開発機関等の役割と責任が明確に示されていること。また、各研究開発機関等のとりまとめを行う代表的な研究開発機関等(以下「代表研究開発機関」という。)が定められていること。 e.府省共通研究開発管理システム(以下、「e-Rad」という。)に対して、「所属研究開発機関の登録」及び「研究者の登録」がなされていること。 f.研究代表者(共同研究の場合は代表研究責任者)は、全ての研究開発期間を通じて、研究開発の遂行に関する全ての責務を負えること。 g. 全ての研究代表者(共同研究の場合は代表研究責任者)及び研究者は、所属する研究開発機関等に対して、あらかじめ本事業へ提案することへの了解を得ていること。(研究開発の実施にあたって、研究資金は所属する研究開発機関等が管理するとともに、資金の経理処理も研究開発機関等が実施する必要がある。) 
Schedule
Target work Schedule
委託先候補の選定公募期間終了後
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)