Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Health, Labour and Welfare
Application year 2020
Call for applications 国民の健康づくり運動の推進に向けたNCD対策における諸外国の公衆衛生政策の状況とその成果の分析のための研究(20FA2201)
Research field
(Life Science)
Forestscience、Aquaticbioproductionscience、Aquatic life science、Laboratoryanimalscience、Genomebiology、Physicalanthropology、Appliedanthropology、Neuroscience-general、Clinicalpharmacy、Medicalbiochemistry、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Generalinternalmedicine、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Emergencymedicine、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Regenerativedentistryanddentalengineering、Surgicaldentistry、Socialdentistry、Medicalmanagementandmedicalsociology、Hygieneandpublichealth:includinglaboratoryapproach、Hygieneandpublichealth:excludinglaboratoryapproach、Fundamentalofnursing、Clinicalnursing、Gerontologicalnursingandcommunityhealthnursing、Sportssciences、Nutritionscienceandhealthscience、(Informatics)
Theoryofinformatics、Informationnetwork、Computationalscience、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、(Environmental science)
Conservationofbiologicalresources、Ruralsociologyandagriculturalstructure、Agriculturalenvironmentalengineeringandagriculturalinformationengineering、Environmentalagriculture、Chemicalsubstanceinfluenceonenvironment、Environmentalimpactassessment、Environmentalpolicyandsocialsystems、(Nanotechnology/Materials)
Nano/micro-systems、Appliedcondensedmatterphysics、(Energy Engineering)
Fundamentalplasma、Quantumbeamscience、(Manufacturing Technology)
Electricandelectronicmaterials、(Humanities & Social Sciences)
Sociologyofscience,historyofscienceandtechnology、Literatureingeneral、Linguistics、Historicalstudiesingeneral、Culturalassetsstudy、Museology、Geography、Humangeography、Culturalanthropologyandfolklore、Politics、Economicstatistics、Publiceconomicsandlaboreconomics、Businessadministration、Sociology、Familyandconsumersciences,andcultureandliving、Education、Childhoodandnursery/pre-schooleducation、Educationaltechnology、Scienceeducation、Socialpsychology、Clinicalpsychology、Areastudies、Tourismstudies、Genderstudies、Design、(Natural Science)
Basicmathematics、Appliedmathematicsandstatistics、Astronomy、Humangeosciences、(Others)
Others
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/03/09 09:00 ~ 2020/04/13 17:30
Project category Research Grant
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO)
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度厚生労働科学研究費補助金二次公募
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (目標) 生活習慣病(NCD)対策については、累次の国民の健康づくり運動において推進してきており、現在は平成24年からの健康日本21(第二次)において取組を進めているが、平成30年度に公表された中間評価や平成30年度国民健康・栄養調査の結果等において、その主な危険因子とされるたばこや飲酒、栄養、身体活動の指標に関して改善が見られない項目も散見される状況にあり、効果的な公衆衛生施策の検討が求められている。 この点について、世界保健機関(WHO)は2013年から2020年を期間とするグローバルアクションプランを策定するとともに、これまでの知見から優れているとされる公衆衛生政策を示している。また、経済協力開発機構(OECD)が平成31年に公表した公衆衛生白書(日本)においても、主な危険因子に関する国レベルの追加的施策の導入が提言されている。 これらの提言については、施策を単純に導入すればよいわけではなく、各国のこれまでの公衆衛生施策や社会経済状況等も踏まえて、その適否を検証していくことが重要である。 そこで本研究では、健康日本21(第2次)に掲げられているNCDに関し、世界保健機関(WHO)や経済協力開発機構(OECD)において優れているとされる具体的な公衆衛生政策(いわゆる「Best buys」等)に関して、諸外国における施策の実施状況とその成果について文献レビューや実地調査、有識者へのインタビュー、パイロット事業等を通じて検証し、基礎資料を作成する。次に、こうした結果を踏まえつつ、我が国としてこれらの公衆衛生政策の導入可能性や、その際の要件、課題等の整理・検証を行う。 (求められる成果) ・健康日本21(第2次)に掲げられているNCDに関し、世界保健機関(WHO)や経済協力開発機構(OECD)において優れているとされる具体的な公衆衛生政策(いわゆる「Best buys」等)に関して、諸外国における施策の実施状況とその成果について文献レビューや実地調査、有識者へのインタビュー、パイロット事業等を通じて検証し、基礎資料を作成する。 ・上記結果も踏まえ、我が国としてこれらの公衆衛生政策の導入可能性や、その際の要件、課題等の整理・検証を行う。
Application targets 公募要項を御参照ください。
Schedule
Target work Schedule
書面評価および事前評価委員会の開催2020年4月下旬~6月下旬
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 健康局健康課
Name 石見、安藤
Phone number 03-5253-1111(内線2396)
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)