Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Health, Labour and Welfare
Application year 2020
Call for applications 我が国における公衆衛生学的観点からの健康診査の評価に資する研究(20FA2101)
Research field
(Life Science)
Forestscience、Aquaticbioproductionscience、Aquatic life science、Laboratoryanimalscience、Genomebiology、Physicalanthropology、Appliedanthropology、Neuroscience-general、Clinicalpharmacy、Medicalbiochemistry、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Generalinternalmedicine、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Emergencymedicine、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Regenerativedentistryanddentalengineering、Surgicaldentistry、Socialdentistry、Medicalmanagementandmedicalsociology、Hygieneandpublichealth:includinglaboratoryapproach、Hygieneandpublichealth:excludinglaboratoryapproach、Fundamentalofnursing、Clinicalnursing、Gerontologicalnursingandcommunityhealthnursing、Sportssciences、Nutritionscienceandhealthscience、(Informatics)
Theoryofinformatics、Informationnetwork、Computationalscience、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、(Environmental science)
Conservationofbiologicalresources、Ruralsociologyandagriculturalstructure、Agriculturalenvironmentalengineeringandagriculturalinformationengineering、Environmentalagriculture、Chemicalsubstanceinfluenceonenvironment、Environmentalimpactassessment、Environmentalpolicyandsocialsystems、(Nanotechnology/Materials)
Nano/micro-systems、Appliedcondensedmatterphysics、(Energy Engineering)
Fundamentalplasma、Quantumbeamscience、(Manufacturing Technology)
Electricandelectronicmaterials、(Humanities & Social Sciences)
Sociologyofscience,historyofscienceandtechnology、Literatureingeneral、Linguistics、Historicalstudiesingeneral、Culturalassetsstudy、Museology、Geography、Humangeography、Culturalanthropologyandfolklore、Politics、Economicstatistics、Publiceconomicsandlaboreconomics、Businessadministration、Sociology、Familyandconsumersciences,andcultureandliving、Education、Childhoodandnursery/pre-schooleducation、Educationaltechnology、Scienceeducation、Socialpsychology、Clinicalpsychology、Areastudies、Tourismstudies、Genderstudies、Design、(Natural Science)
Basicmathematics、Appliedmathematicsandstatistics、Astronomy、Humangeosciences、(Others)
Others
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/03/09 09:00 ~ 2020/04/13 17:30
Project category Research Grant
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO)
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度厚生労働科学研究費補助金二次公募
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (目標) これまで、健康診査は、疾病を早期に発見し、早期治療につなげること、健康診査の結果を踏まえた栄養指導その他の保健指導等を行うことにより、疾病の発症及び重症化の予防並びに生涯にわたる健康の増進に向けた自主的な努力を促進する観点から実施されてきた。本年2月には、健康増進法(平成14年法律第103号)第9条第1項に基づく「健康増進事業実施者に対する健康診査の実施等に関する指針」を一部改正し、健康診査が満たすべき要件として、対象とする健康に関連する事象、検査、保健指導などの事後措置、健診・検診プログラム等に係る要件を追加するなど、健康診査のあり方については適宜必要な見直しを行っている。 我が国の健康診査は、健康増進法第6条にもあるように、乳幼児健診、学校健診、特定健診、事業主健診、がん検診等が様々な実施主体(健康増進実施事業者)によって提供されており、また、いわゆる「人間ドック」等の法定外の健康診査なども幅広く提供されている実状がある。 こうした状況について、OECD公衆衛生白書においては、日本における健康診査は他のOECD諸国と比較して非常に多く、集団の健康と費用軽減の両面の観点から、それらが必要かつ効果的であるかの評価が必要であると指摘されている。また、社会経済的に恵まれ健康リスクが低い集団に比べて、社会経済的に恵まれず健康リスクが高い集団は健診受診率が低いことから、集団への健康診断が健康格差の拡大を増加させる可能性があることも示唆されていることや、法定外の健康診査については、対象範囲や頻度に関する規制などの質保証の仕組みがないことについても指摘されている。 以上を踏まえ、令和4年度までに、健康診査について諸外国の制度(健診項目、実施主体、費用、対象年齢、検査頻度、精度等)との比較やその成果についてレビューするとともに、国内で行われている健康診査の現状(健診項目、実施主体、費用、対象年齢、検査頻度、精度等)の調査シートを作成し、最終的には各健診・検診項目について、シミュレーションモデル等も用い、医学的効果や社会・経済学的効果も含め評価・整理を行うことを目標とする。 (求められる成果) ・健康診査の制度について諸外国の制度(健診項目、実施主体、費用、対象年齢、検査頻度、精度等)との比較を行い、健康診査による集団の健康や費用対効果に関する報告をレビューする。 ・国内で行われている健康診査の現状(健診項目、実施主体、費用、対象年齢、検査頻度、精度等)の調査シートを作成する。 ・各健診・検診項目について、シミュレーションモデル等も用い、医学的効果や社会・経済学的効果を評価・整理する。 ・最終的には、将来の健康診査制度の在り方の検討するための基礎資料を作成する。
Application targets 公募要項を御参照ください。
Schedule
Target work Schedule
書面評価および事前評価委員会の開催2020年4月下旬~6月下旬
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 健康局健康課
Name 石見、安藤
Phone number 03-5253-1111(内線2396)
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)