Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Health, Labour and Welfare
Application year 2020
Call for applications 新型インフルエンザ等の感染症発生時のリスクマネジメントに資する感染症のリスク評価及び公衆衛生的対策の強化のため研究(20HA0501)
Research field
(Life Science)
Appliedmicrobiology、Applied biochemistry、Pharmaceuticalchemistryanddrugdevelopmentsciences、Pharmaceuticalhygieneandbiochemistry、Pharmacology、Clinicalpharmacy、Infectiousdiseasemedicine、Hygieneandpublichealth:includinglaboratoryapproach、Hygieneandpublichealth:excludinglaboratoryapproach
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/03/09 09:00 ~ 2020/04/13 17:30
Project category Research Grant
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度厚生労働科学研究費補助金二次公募要項
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (目標)  新型インフルエンザのような発生の予測が困難で、かつ、その被害の程度についても事前の推定が困難な感染症に対する対策については、適時のリスク評価体制の構築と、柔軟な対策の選択・実施が可能なリスク管理体制の構築が重要である。パンデミック時のリスク評価においては、感染症の感染拡大の評価だけではなく、患者の重症度や医療需要の評価等についても有効な対策を推進していく上で重要である。  特に、パンデミックインフルエンザリスクマネジメントWHOガイダンス(2017)においては、国、地域等の対策実施のためのエビデンスに基づく適時のリスク評価とリスクベースの柔軟性をもつパンデミック対策を行うことを求めている。また、新型インフルエンザ等対策政府行動計画(平成25年6月7日、平成29年9月12日一部変更)においても、「常に新しい情報を収集し、対策の必要性を評価し、さらなる情報が得られ次第、適切な対策へと切り替えることとする」とされている。  本研究課題は、パンデミックを起こす新型インフルエンザ等を含む感染症に対する国際的なリスク評価手法の基盤の整備に貢献するとともに、パンデミック発生後においても効率的で有効な対策の選択の目安となる科学的知見の確立を目標とする。 (求められる成果) ・ 新型インフルエンザ等の感染症発生時における迅速な疾病負担(医療需要等)の把握手法の開発。 ・ 新型インフルエンザ等の感染症発生時における初期の症例数の把握手法の開発。 ・ 新型インフルエンザ対策等として備蓄されている抗インフルエンザ薬及びワクチン等のリスクアセスメントに応じた運用方法の調査結果。 ・ 新型インフルエンザ対策等におけるワクチン接種方法の運用の適正化及び効率化に向けた検討。 ・ 新型インフルエンザ等の患者発生時、接触者の把握を効率的に行う手法の開発
Application targets 特記なし
Schedule
Target work Schedule
書面審査及び事前評価委員会の開催2020年4月下旬から5月上旬
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 厚生労働省健康局結核感染症課
Name 特定感染症係
Phone number 03-5253-1111(内線2095)
Fax number  
Email address aota-kazuki.ac7@mhlw.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)