Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Science and Technology Agency
Application year 2020
Call for applications 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「IoE社会のエネルギーシステム」
Research field
(Informatics)
Statisticalscience、Software、Informationnetwork、Database、Computationalscience、(Energy Engineering)
Earthresourceengineering,Energysciences、(Manufacturing Technology)
Thermalengineering、Powerengineering、Communicationandnetworkengineering、Measurementengineering、Controlandsystemengineering、Electricandelectronicmaterials、Electrondeviceandelectronicequipment、(Social Infrastructure )
Socialsystemsengineering、(Natural Science)
Semiconductors,opticalpropertiesofcondensedmatterandatomicphysics
Keyword エネルギーシステム
再生可能エネルギー
分散型電源
電力系統
パワーエレクトロニクス
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/06/23 14:00 ~ 2020/07/22 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Local public organization
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum15% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、科学技術イノベーション総合戦略(平成25年6月7日閣議決定)及び日本再興戦略(平成25年6月14日閣議決定)において、総合科学技術会議が司令塔機能を発揮し、科学技術イノベーションを実現するため創設することが決定しました。 SIPは、府省・分野を超えた横断型のプログラムであり、総合科学技術会議が課題を特定し、予算を重点配分するものであり、課題ごとにPD(プログラムディレクター)を選定し、基礎研究から出口(実用化・事業化)までを見据え、規制・制度改革や特区制度の活用等も視野に入れて推進していくものです。
Application targets ・自らの研究開発構想に基づき、産学連携を含めその構想の実現に適した実施体制を構築し、研究責任者として当該研究開発テーマを推進できる研究者であること。 ・研究開発項目に係る分野において、研究蓄積を有するとともに、研究実施において必要となる関係者との連携や協力体制が構築できる活動実績を有すること。 ・国内の研究機関※に所属して研究開発を実施できること。 ※「国内の研究機関」:国内に法人格を持つ大学、独立行政法人、国公立試験研究機関、特別認可法人、公益法人等、企業等のうち、研究開発を実施している機関。 ・不適正経理に係る申請資格の制限等に抵触していない研究者であること。 ・所属研究機関において、研究倫理教育に関するプログラムを予め修了していること。または、JSTが提供する教育プログラムを所定の時期までに修了していること。 ※詳しくは、公募要領「研究倫理教育に関するプログラムの受講・修了について」をご参照ください。
Schedule
Target work Schedule
提案の募集開始2020年6月23日
提案の募集受付締切(e-Radによる受付期限日時)2020年7月22日正午《厳守》
書類選考期間2020年7月下旬~8月上旬
採択課題の通知・発表2020年8月中旬以降
研究開発開始2020年8月下旬以降
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)