Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Environmental Restoration and Conservation Agency
Application year 2021
Call for applications 環境研究総合推進費・委託費【問題対応型】【革新型】
Research field
(Environmental science)
Scienceinplantgeneticsandbreeding、Cropproductionscience、Horticulturalscience、Plantprotectionscience、Insectscience、Conservationofbiologicalresources、Landscapescience、Ruralsociologyandagriculturalstructure、Ruralenvironmentalengineeringandplanning、Agriculturalenvironmentalengineeringandagriculturalinformationengineering、Environmentalagriculture、Environmentaldynamicanalysis、Radiationinfluence、Chemicalsubstanceinfluenceonenvironment、Environmentalimpactassessment、Environmentalloadandriskassessment、Environmentalloadreductionandremediation、Environmentalmaterialsandrecycletechnology、Social-ecologicalsystems、Soundmaterial-cyclesocialsystems、Environmentalpolicyandsocialsystems
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/09/25 15:00 ~ 2020/10/28 17:00
Project category Contract research 、 Investigation etc.
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 公募要領・応募様式等
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 環境研究総合推進費令和3年度新規課題公募要領、公募要領別添及び応募様式を熟読のうえ、ご応募ください。 「申請書」「承諾・承認書」を一つのPDFファイルにしてアップロードしてください。 問い合わせは、原則、電子メールでお願いします。メール件名の先頭は【公募問い合わせ】としてください。
Application targets 下記要件をすべて満たす者(公募要領もご確認ください) 1.日本国内において、原則として環境に関する研究を実施する能力のある下記の機関に所属している研究者であること(国籍は問いません)。ただし、常勤・非常勤を問わず、予定される研究期間(例えば、環境問題対応型研究の場合は3年間)について所属研究機関が雇用の責任を負うことが保証されていること。 イ 国及び地方公共団体の試験研究機関 ロ 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学、高等専門学校及びその附属研究機関(高等学校は含みません) ハ 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第3項に規定する国立研究開発法人 ニ 法律に基づき直接設立された法人、民間企業の研究所、その他の団体等、日本の法人格を有しているものであって、研究に関する業務を行うもの なお、「所属」とは雇用契約等の手段により所属機関として研究者に一定の責任を持つことを意味し、単に委員委嘱等により当該研究機関の活動に参画している場合は含みません。また、社会通念上学業に専念すべき大学院生等の学生は研究代表者として認められません。なお、上記「二」に該当する機関の場合は、法人登記簿抄本の写し等の提出を求めることがあります。 2.提案した研究計画を適切に実施する能力を有するとともに、日本語による面接に対応できる程度の語学力を有すること。 3.「革新型研究開発」の「若手枠」に応募する場合は、研究チームの研究代表者、研究分担者の年齢が、令和2年4月1日において40歳未満であること。(出産・育児による休業のため研究活動ができなかった者に対し、年齢制限を緩和する場合があります)
Schedule
Target work Schedule
1次審査(書面)令和2年11月中旬~12月上旬
2次審査(ヒアリング)令和3年1月中旬~2月上旬
採否決定令和3年3月上旬
研究開始令和3年4月
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)