Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2020
Call for applications 開発途上国・新興国等における医療技術等実用化のためのニーズ検証研究 R2年度
Research field
(Life Science)
Genomebiology、Systemgenomescience、Cellbiology、Developmentalbiology、Plantmolecularbiologyandphysiology、Morphologyandanatomicalstructure、Animalphysiologicalchemistry,physiologyandbehavioralbiology、Genetics、Evolutionarybiology、Biodiversityandsystematics、Ecologyandenvironment、Physicalanthropology、Appliedanthropology、Neuroscience-general、Anatomyandhistopathologyofnervoussystem、Functionofnervoussystem、Pharmaceuticalchemistryanddrugdevelopmentsciences、Pharmaceuticalanalyticalchemistryandphysicochemistry、Pharmaceuticalhygieneandbiochemistry、Pharmacology、Environmentalandnaturalpharmaceuticalresources、Clinicalpharmacy、Anatomy、Physiology、Medicalbiochemistry、Pathologicalbiochemistry、Humanpathology、Experimentalpathology、Parasitology、Bacteriology、Virology、Immunology、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Cognitiveandbrainscience、Pathophysiologicneuroscience、Generalinternalmedicine、Neurology、Psychiatry、Radiologicalsciences、Embryonicmedicineandpediatrics、Gastroenterology、Cardiology、Respiratorymedicine、Nephrology、Dermatology、Hematologyandmedicaloncology、Connectivetissuediseaseandallergy、Infectiousdiseasemedicine、Metabolismandendocrinology、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Digestivesurgery、Cardiovascularsurgery、Respiratorysurgery、Anesthesiology、Emergencymedicine、Neurosurgery、Orthopedics、Urology、Obstetricsandgynecology、Otorhinolaryngology、Ophthalmology、Plasticandreconstructivesurgery、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Conservativedentistry、Regenerativedentistryanddentalengineering、Prosthodontics、Surgicaldentistry、Developmentaldentistry、Socialdentistry、Medicalmanagementandmedicalsociology、Hygieneandpublichealth:includinglaboratoryapproach、Hygieneandpublichealth:excludinglaboratoryapproach、Forensicsmedicine、Fundamentalofnursing、Clinicalnursing、Lifelongdevelopmentalnursing、Gerontologicalnursingandcommunityhealthnursing、Rehabilitationscience、Sportssciences、Physicaleducation,andphysicalandhealtheducation、Nutritionscienceandhealthscience、Biomedicalengineering、Biomaterials、Medicalsystems、Medicaltechnologyassessment、Medicalassistivetechnology、(Informatics)
Mechanicsandmechatronics、Roboticsandintelligentsystem、Theoryofinformatics、Mathematicalinformatics、Statisticalscience、Computersystem、Software、Informationnetwork、Informationsecurity、Database、Highperformancecomputing、Computationalscience、Perceptualinformationprocessing、Humaninterfaceandinteraction、Intelligentinformatics、Softcomputing、Intelligentrobotics、Kanseiinformatics、Life,healthandmedicalinformatics、Webinformaticsandserviceinformatics、Learningsupportsystem、Entertainmentandgameinformatics
Keyword 途上国
新興国
デザイン
バイオデザイン
医療ニーズ
医療機器
製品開発
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 2year
Application period 2020/10/01 15:00 ~ 2020/10/28 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和2年度 「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業」に係る公募(二次公募)について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (1) 公募課題名 開発途上国・新興国等における医療技術等実用化のためのニーズ検証研究 (2) 目標 開発途上国・新興国等は、日本とは異なる医療・事業環境や公衆衛生上の課題を抱えており、医療ニーズ(図1参照)や製品に対する医療現場のニーズも日本と異なる面がある。そこで、本事業では、こうした開発途上国・新興国等のニーズにあわせた医療機器等の開発(課題)を公募します。 特に、開発初期段階では、開発途上国・新興国等のニーズに合わせた製品設計の重要性が指摘されていることを踏まえ、バイオデザイン等のデザインアプローチを採用し、医療現場における具体的な医療機器等へのニーズの把握から製品コンセプトを作成し、試作品作製、評価までの製品開発を実施します。これにより、製品の設計の初期段階から臨床現場のニーズを取り入れ、開発途上国・新興国等で必要とされている製品の開発が可能となります。 しかし、現在COVID-19の影響で現地への渡航が困難な状況で、今まで行っておりました現地に赴き直接臨床現場観察を行うことが実施困難な状況となっております。このような状況下でも臨床現場観察可能な方法(リモートヒアリング等)を採用し、コロナ共生時代における新しい開発手法を検証し確立する課題を公募します。本公募では、現地での活動として重要なニーズ把握、試作品の評価を含む仕様決定までを行い、以降の生産設計から薬事申請に至るまでの開発につなげます。 なお、本事業に課題を採択された医療機器開発事業者(以下、「開発事業者」という。)は、採択された課題について、AMEDが本事業の運営支援を委託する事業管理支援事業者(開発途上国・新興国等における医療機器等の事業化やバイオデザイン等のデザインアプローチに知見を持つ。以下「支援事業者」という。)による、製品コンセプト作成や事業化戦略策定、進捗管理等の支援を受けることができます。また、厚生労働省が、必要に応じて開発途上国・新興国等の保健省や規制当局との情報交換等を実施する等を通じて、医療機器開発の加速を支援します。 (3)求められる成果 初年度: ⁃ターゲットとする領域で開発を進める上での事業戦略 ⁃バイオデザイン等のデザインアプローチに基づいて開発途上国・新興国等の臨床現場にて保有技術にとらわれることなく関連領域も含め広く観察することによりターゲットとする臨床領域及び地域において特定したニーズ 2年度: ⁃医療現場の観察によって特定されたニーズと既存製品、保有技術あるいは想定していた要件とのギャップ分析の結果 ⁃医療現場の観察によって特定されたニーズからギャップ分析の結果等に基づき優先順位付けされたニーズ ⁃優先順位付けされたニーズにより策定された要求仕様に基づき作製したユーザビリティモックアップおよび初期機能試作とその評価結果 ⁃試作品に関する事業性の評価(例:想定される商品の収益予測、競合環境の分析、知財管理、薬事承認申請に向けた大きなハードルの特定等) (4)委託研究開発費の規模等 初年度:1課題当たり 年間 7,700千円程度(間接経費を含まず) 2年度:1課題当たり 年間 11,500千円程度(間接経費を含まず) (※委託費は、治験費用、材料費、旅費・滞在費、開発国における病院に対する謝金等を含む。人件費は含まない。また、直接経費の30%を上限として間接経費の計上を認めます。) 委託研究開発実施予定期間:最長2年度 (令和2年度~令和3年度)
Application targets 本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者で、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者とします。
Schedule
Target work Schedule
書面評価令和2年11月上旬~令和2年11月中旬
ヒアリング審査会令和2年11月中旬~令和2年11月下旬(予定)
採択通知令和2年12月中旬(予定)
契約締結令和3年1月上旬(予定)
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 産学連携部医療機器研究課
Name 開発途上国・新興国等 事業担当者
Phone number 03-6870-2213
Fax number 03-6870-2242
Email address shinko-kiki@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)