Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2021
Call for applications 令和3年度再生医療実現拠点ネットワークプログラム(技術開発個別課題)トランスレーショナル・リサーチ1
Research field
(Life Science)
Veterinarymedicalscience、Animallifescience、Laboratoryanimalscience、Molecularbiology、Structuralbiochemistry、Functionalbiochemistry、Biophysics、Genomebiology、Systemgenomescience、Cellbiology、Developmentalbiology、Animalphysiologicalchemistry,physiologyandbehavioralbiology、Genetics、Neuroscience-general、Anatomyandhistopathologyofnervoussystem、Functionofnervoussystem、Pharmaceuticalchemistryanddrugdevelopmentsciences、Pharmaceuticalanalyticalchemistryandphysicochemistry、Pharmaceuticalhygieneandbiochemistry、Pharmacology、Clinicalpharmacy、Anatomy、Physiology、Medicalbiochemistry、Pathologicalbiochemistry、Humanpathology、Experimentalpathology、Virology、Immunology、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Cognitiveandbrainscience、Pathophysiologicneuroscience、Generalinternalmedicine、Neurology、Psychiatry、Radiologicalsciences、Embryonicmedicineandpediatrics、Gastroenterology、Cardiology、Respiratorymedicine、Nephrology、Dermatology、Hematologyandmedicaloncology、Connectivetissuediseaseandallergy、Infectiousdiseasemedicine、Metabolismandendocrinology、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Digestivesurgery、Cardiovascularsurgery、Respiratorysurgery、Anesthesiology、Emergencymedicine、Neurosurgery、Orthopedics、Urology、Obstetricsandgynecology、Otorhinolaryngology、Ophthalmology、Plasticandreconstructivesurgery、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Conservativedentistry、Regenerativedentistryanddentalengineering、Prosthodontics、Surgicaldentistry、Developmentaldentistry、Socialdentistry、Hygieneandpublichealth:includinglaboratoryapproach、Biomedicalengineering、Biomaterials、Medicalsystems、Medicaltechnologyassessment
Keyword 再生医療
iPS細胞
ES細胞
多能性幹細胞
体性幹細胞
体細胞
融合研究
トランスレーショナル・リサーチ
リバース・トランスレーショナル・リサーチ
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 2year  (longest) 3year
Application period 2020/11/04 00:00 ~ 2020/12/07 12:00
Project category Contract research
Target category University 、 Researcher・Research team
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 公募情報
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 再生医療実現拠点ネットワークプログラムでは、iPS細胞等を使った再生医療について、オールジャパン体制で研究開発を推進し、日本発のiPS細胞技術を世界に先駆けて臨床応用することを目的としています。また、iPS細胞技術を用いた疾患発症機構の解明、創薬研究等を実施しています。再生医療の実現には、生命倫理や個人情報の保護等について社会のコンセンサスを得るとともに、様々な規制をクリアする必要がありますが、本事業では全体として、それらの倫理関係や規制関係に対する支援体制を構築しています。 令和3年度は、引き続き「非臨床POC取得(トランスレーショナル・リサーチ)」、「臨床研究・治験により明らかとなった課題を基礎に立ち戻って解明する研究開発(リバース・トランスレーショナル・リサーチ)」の公募を行います。 トランスレーショナル・リサーチについては、小動物等を用いた治療コンセプトの確認段階(TR1)、臨床試験と同製法で製造した細胞製剤を動物に投与することによる治療コンセプトの検証段階(TR2)に分けて公募します。 また、リバース・トランスレーショナル・リサーチについては、TR1、TR2の枠内で公募します。
Application targets 申請は、大学等(学校法人、公的研究機関、および公益法人等の公的性格を有する機関でAMEDが認めるもの。詳細については、公募要領参照)に所属し、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者(研究開発代表者)とします。
Schedule
Target work Schedule
書面審査令和2年12月下旬~令和3年1月下旬(予定)
面接(ヒアリング)令和3年2月上旬(予定) ※必要に応じて実施
採択可否の通知令和3年3月下旬(予定)
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section AMED再生・細胞医療・遺伝子治療事業部再生医療研究開発課
Name 技術開発個別課題 事務局
Phone number  
Fax number  
Email address saiseinw@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 事業概要
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)