Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2021
Call for applications 021 次世代医療基盤としてのリアルワールドエビデンスの利活用促進とその国際規制調和に向けた研究
Research field
(Others)
Others
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/11/11 12:00 ~ 2020/12/09 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary ・目標 近年、FDAによるリアルワールドエビデンスに係るガイダンス等の発出やGCP刷新への取り組みのように、国際的にリアルワールドデータの利活用については、国際的な期待が高まっている。 本研究では、リアルワールドエビデンスの利活用の促進のため、データベースからの情報等を薬事規制において利活用する場合の課題の整理や、リアルワールドエビデンスの利活用の国際規制調和の促進に向けた課題の整理等を行う。 ・求められる成果 ①様々なデータソースを薬事規制において利活用する場合の課題抽出及びその整理、及び関連規制の国際調和に向けた課題抽出及びその整理
Application targets 関係者(専門家、行政、業界団体等)の意見が反映される体制が整備されていること。
Schedule
Target work Schedule
書面審査令和2年12月中旬~令和3年1月中旬
面接審査(ヒアリング審査)令和3年1月21日(木)(予定)
採択可否の通知令和3年2月中旬(予定)
研究開発開始(契約締結等)日令和3年4月1日(木)(予定)
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 創薬事業部 規制科学推進課
Name  
Phone number 03-6870-2235
Fax number  
Email address kiseikagaku@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 医薬品等規制調和・評価研究事業
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)