Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2021
Call for applications 再生医療等安全性確保法に従い、医療として提供されている再生医療等において、患者に投与する細胞加工物の微生物等の汚染を防ぎ、安全性を効率的に確保する手法の確立を検討するための研究(令和3年度)
Research field
(Life Science)
Generalinternalmedicine、Neurology、Embryonicmedicineandpediatrics、Gastroenterology、Cardiology、Respiratorymedicine、Nephrology、Dermatology、Hematologyandmedicaloncology、Connectivetissuediseaseandallergy、Infectiousdiseasemedicine、Metabolismandendocrinology、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Digestivesurgery、Cardiovascularsurgery、Respiratorysurgery、Neurosurgery、Orthopedics、Urology、Obstetricsandgynecology、Otorhinolaryngology、Ophthalmology、Plasticandreconstructivesurgery、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Regenerativedentistryanddentalengineering
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2020/11/04 12:00 ~ 2020/12/04 12:00
Project category Contract research
Target category University 、 Researcher・Research team
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 300,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度「再生医療実用化研究事業」に係る公募(一次公募)について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 細胞加工物の微生物等の汚染を防ぐために、再生医療等を提供している臨床現場や細胞培養加工施設(CPC)においては、微生物等の汚染を検出する検査(以下「微生物等検査」という。)が実施されています。一方で、微生物等検査を精度よく効率的に実施するためには、用いる細胞加工物の特性に応じて、検査の方法を開発し、最適化する必要があります。 本研究では、再生医療等の細胞加工物のタイプ別に微生物等検査の方法を検討した上で、臨床現場において適切に使用可能な微生物等検査方法の開発及び最適化を目的とします。 医療として提供されている再生医療等に用いられる細胞加工物の実用的な微生物等検査方法の開発及び最適化、国民への研究成果の発表(市民講座、シンポジウムの開催等)、等が求められます。
Application targets 以下の全ての条件を満たす研究課題を採択します。(採択条件を満たさない研究課題は不採択とします。) ・公募の目的と合致し、求められる成果の創出が期待できること。 ・細胞加工物のタイプ別に、最適な微生物等検査の方法を網羅的に検討すること。 ・研究開発代表者は、これまでに規制当局や認定再生医療等委員会において、再生医療等や血液製剤の品質審査を行った経験を有していることが望ましい。また、医薬品や再生医療等製品の微生物等検査方法の開発を行った経験を有していることが望ましい。 ・細胞加工物に適した微生物等検査方法が臨床現場で利用されることを念頭に、最適な検査方法の検証から実用的な展開に向けた規制当局等との連携ならびにアプローチが可能な計画と体制であることが望ましい。 ・これまでに再生医療実用化研究事業に応募又は採択された研究課題の場合には、前回応募時の研究計画からの発展性、改善点等が明確となっていること。 ・研究期間内に、医療として提供されている再生医療等の細胞加工物のタイプ別に、実用的な微生物等検査方法を開発及び最適化する計画であること。
Schedule
Target work Schedule
応募受付令和2年11月4日(水)~令和2年12月4日(金)【正午】(厳守)
書面審査令和2年12月下旬~令和3年1月下旬(予定)
ヒアリング審査令和3年2月上旬(予定)
審査結果通知令和3年2月下旬(予定)
契約締結令和3年4月1日(木)(予定)
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 再生医療研究課
Name 再生医療実用化研究事業担当
Phone number 03-6870-2220
Fax number  
Email address saisei3@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 再生医療実用化研究事業
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)