Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries
Application year 2021
Call for applications 令和3年度農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究 脱炭素型農業実現のためのパイロット研究プロジェクト
Research field
(Environmental science)
Agriculturalenvironmentalengineeringandagriculturalinformationengineering、Environmentalagriculture、Environmentalimpactassessment
Keyword 脱炭素
GHG排出削減
炭素吸収
農業
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2021/01/08 15:00 ~ 2021/02/26 17:00
Project category Research Grant 、 Collaborative research 、 Contract research 、 Demonstration project (field test) 、 Project to disseminate and enlighten the public 、 Investigation etc. 、 SBIR
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 500,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum15% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度農林水産研究推進事業委託プロジェクト研究について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary  気候変動が一因と考えられる異常気象が世界各地で発生する中、国際社会は気候変動対策の強化の必要性を共有しており、気候変動の進行を抑えるため、我が国をはじめ、各国ではカーボンニュートラルに向けた脱炭素社会への転換が求められています。農業は、温室効果ガス(GHG)の排出源である一方で、炭素吸収源としての大きなポテンシャルに期待が寄せられており、脱炭素化に向け、GHG 排出削減・炭素吸収といった気候変動緩和技術(以下、「緩和技術」という)を早期に社会実装するとともに、更なる削減等に向けた革新的技術の開発が急務となっています。しかし、農業分野における緩和技術の導入は、取組の主体となる農業者がメリットを得られにくいことが課題となっており、生産性の向上等、農業者の視点に立った技術の開発が必要になっています。  本事業では、研究者、農業者、自治体等が連携し、GHG 排出削減等と生産性向上を両立する緩和技術を実装スケールで開発するとともに、緩和技術を最適化するための研究を行います。
Application targets 応募要領をご覧ください。
Schedule
Target work Schedule
審査委員会による審査、委託予定先の決定令和3年3月~4月を予定
委託契約の締結令和3年4月以降を予定
  
  
  
  
  
  
Messages 詳細は、応募要領をご覧ください。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 研究開発官室
Name 真庭 利明
Phone number 03-6744-2216
Fax number 03-3502-4028
Email address toshiaki_maniwa090@maff.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)