Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2021
Call for applications 先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業(令和3年度公募)【3-1】次世代ワクチンの基盤技術開発課題
Research field
(Life Science)
Appliedmicrobiology、Applied biochemistry、Bioorganicchemistry、Appliedmolecularandcellularbiology、Veterinarymedicalscience、Animallifescience、Laboratoryanimalscience、Molecularbiology、Structuralbiochemistry、Functionalbiochemistry、Biophysics、Genomebiology、Systemgenomescience、Cellbiology、Developmentalbiology、Animalphysiologicalchemistry,physiologyandbehavioralbiology、Neuroscience-general、Anatomyandhistopathologyofnervoussystem、Functionofnervoussystem、Pharmaceuticalchemistryanddrugdevelopmentsciences、Pharmaceuticalanalyticalchemistryandphysicochemistry、Pharmaceuticalhygieneandbiochemistry、Pharmacology、Environmentalandnaturalpharmaceuticalresources、Clinicalpharmacy、Physiology、Medicalbiochemistry、Pathologicalbiochemistry、Humanpathology、Experimentalpathology、Parasitology、Bacteriology、Virology、Immunology、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Cognitiveandbrainscience、Pathophysiologicneuroscience、Generalinternalmedicine、Neurology、Psychiatry、Radiologicalsciences、Embryonicmedicineandpediatrics、Gastroenterology、Cardiology、Respiratorymedicine、Nephrology、Dermatology、Hematologyandmedicaloncology、Connectivetissuediseaseandallergy、Infectiousdiseasemedicine、Metabolismandendocrinology、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Digestivesurgery、Cardiovascularsurgery、Respiratorysurgery、Anesthesiology、Emergencymedicine、Neurosurgery、Orthopedics、Urology、Obstetricsandgynecology、Otorhinolaryngology、Ophthalmology、Plasticandreconstructivesurgery、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Conservativedentistry、Regenerativedentistryanddentalengineering、Prosthodontics、Surgicaldentistry、Developmentaldentistry、Clinicalnursing、Gerontologicalnursingandcommunityhealthnursing、Rehabilitationscience、Sportssciences、Nutritionscienceandhealthscience、Biomedicalengineering、Biomaterials
Keyword 治療ワクチン 創薬基盤技術
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2021/03/05 09:00 ~ 2021/04/05 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 600,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度 「先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業(次世代ワクチンの基盤技術開発課題)」に係る公募について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 背景 新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、ワクチンに係る基幹技術開発が大きな課題となっています。ワクチン開発の対象は感染症予防用ワクチンにとどまらず治療用ワクチンへも応用が進みつつあり、液性免疫や細胞性免疫さらには自然免疫系のエフェクター細胞や因子の特定とともに効率的に選択的活性化を誘導する様々な手法が開発され、臨床試験に進んでいます。それらに加えて、近年、制御性T細胞やPD-1の発見など、日本がリードする免疫制御研究が飛躍的に進み、さらには組織や細胞間の相互作用における免疫制御機構の解明も始まっており、新たなワクチンの開発対象として従来の免疫賦活に加えて免疫抑制も加味した免疫制御を目指した治療用ワクチンの開発も期待されます。これら治療用ワクチンは、対症療法ではなく、免疫機構を介した根治療法にも道を開く可能性があります。また、ワクチンの効果や安全性を増強する革新的なアジュバントや抗原提示プロセスの革新技術、従来の皮下又は筋肉内投与に替わるワクチンデリバリー技術の開発なども注目されています。 本事業では、遺伝子導入技術、遺伝子発現制御技術、バイオ医薬品の高機能化や、創薬周辺基盤技術を開発するとともに、それら要素技術の組合せ、最適化によるバイオ医薬品等に関する強固な技術基盤を創製し、企業導出を目指しています。本研究開発課題では、本事業で対象とする個別要素技術開発の一つとして、革新的な次世代ワクチンの基盤技術開発を推進します。 目的と求められる成果 本研究開発課題では、従来のワクチンの枠にとらわれない革新的な次世代ワクチンの基盤技術を確立し、企業導出することを目指します。 公募の内容 本公募では、既に実用化されているワクチン技術に比べて優位性が期待される次世代のワクチン開発に資する基盤技術開発課題を募集します。募集する研究開発課題のスコープには、新規作用機序・モダリティのワクチン、個別化ワクチン、in situワクチン、抗原デザインなどの基盤技術の開発、新規測定技術の開発、AIを活用した開発、並びにアジュバント、デリバリーシステムなどの周辺技術の開発が含まれます。また、それらの要素技術を組み合わせた複合的な開発も可能です。 ただし、研究開発の成果を本事業の最終年度(令和5年度)までに企業導出できる可能性の高い研究を対象とします。 研究費の規模等 (1) 研究費の規模:1課題あたり年間上限21,000千円(間接経費を含まず) (2) 研究実施期間:最長3年 令和3年度~令和5年度 (3) 採択課題数:0~2課題程度
Application targets 本事業の応募資格者は、公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者で、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめ等の責任を担う能力を有する研究者(研究開発代表者)とします。(詳細は公募要領「Ⅱ.応募に関する諸条件等」及びQ&Aを参照ください)。
Schedule
Target work Schedule
提案書類受付期間令和3年3月5日(金)~4月5日(月)正午(厳守)
書面審査令和3年4月上旬~5月中旬(予定)
面接審査(ヒアリング審査)令和3年5月26日(水)(予定)
採択可否の通知令和3年6月上旬(予定)
研究開発開始(契約締結等)日令和3年7月1日(木)(予定)
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)