Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology
Application year 2021
Call for applications 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究))
Research field
(Nanotechnology/Materials)
Metallicmaterialproperties、Inorganicmaterialsandproperties、Compositematerialsandinterfaces、Structuralmaterialsandfunctionalmaterials、Materialprocessingandmicrostructurecontrol、Metalsproductionandresourcesproduction、Nanometer-scalechemistry、Nanostructuralphysics、Nanomaterials、Nanobioscience、Nano/micro-systems、Appliedphysicalproperties、Thinfilm/surfaceandinterfacialphysicalproperties、Appliedcondensedmatterphysics、Crystalengineering、Opticalengineeringandphotonscience、Fundamentalphysicalchemistry、Functionalsolidstatechemistry、Structuralorganicchemistryandphysicalorganicchemistry、Syntheticorganicchemistry、Inorganic/coordinationchemistry、Analyticalchemistry、Greensustainablechemistryandenvironmentalchemistry、Polymerchemistry、Polymermaterials、Organicfunctionalmaterials、Inorganiccompoundsandinorganicmaterialschemistry、Energychemistry、Biochemistry、Chemistryandchemicalmethodologyofbiomolecules、Chemicalbiology、(Energy Engineering)
Fundamentalplasma、Nuclearfusion、Appliedplasmascience、Nuclearengineering、Earthresourceengineering,Energysciences、Quantumbeamscience
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2021/04/13 13:00 ~ 2021/07/01 17:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Non-profit organization (NPO)
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 60,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業(国際協力型(日英))募集要項
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 国際協力型廃炉研究プログラム(日英原子力共同研究)では、1F廃炉の加速に資することを目的として、日英の様々な分野の研究を融合・連携し、幅広い知見を集めて研究開発を推進するため、以下のテーマから公募します。 【テーマ】先進廃炉科学研究(Joint research on advanced nuclear science including decommissioning relevant to Fukushima and Sellafield) (1)日英の共同研究課題の設定 本プログラムでは、日英両国にとってメリットとなる関係を構築するため、日英の研究者が連携して日英両国のニーズを擦り合わせた共同研究課題を設定してください。 共同研究課題の設定においては、原則として、以下の4つの分野からキーワードを参考に研究分野を選定してください。複数の研究分野を選定することも可能です。また、研究分野を新たに設定することも可能です。 なお、共同研究課題の設定では、研究成果が将来的に1F廃炉にどのように貢献するかを意図して設定してください。 分野1 放射性廃棄物処理 (キーワード:放射性廃棄物の処理と固化、放射性廃棄物のキャラクタリゼーション、スラッジとスラリーの処理) 分野2 廃止措置のためのロボット及び自律システム (キーワード:耐放射線性のロボティックスシステム、遠隔検査、遠隔操作) 分野3 燃料デブリ材料 (キーワード:燃料デブリのキャラクタリゼーションと劣化、放射性エアロゾルのキャラクタリゼーションと生成) 分野4 廃止措置技術 (キーワード:廃止措置のデジタルツイン、廃棄物の区分と分離) Field 1 Radioactive waste treatment (Key word: Treatment and immobilization of radioactive wastes, waste characterization, sludge and slurry treatment) Field 2 Robotic and autonomous systems for decommissioning (Key word: Radiation hardened robotic systems, remote inspection, remote handling) Field 3 Fuel debris materials (Key word: Fuel debris characterization and aging, formation and characterization of radioactive aerosols) Field 4 Decommissioning technology (Key word: Digital Twins for decommissioning, sort and segregation of waste) (2)日本の研究課題の設定 共同研究課題を達成するために必要な研究課題を日英両国の分担関係が明確に分かるように設定してください。 日本側の研究課題(以下、「課題」という)については、1F廃炉へ貢献する課題であることが必要です。具体的には、1F廃炉に関する「基礎・基盤研究の全体マップ」の中の課題解決に繋がる課題を提案していただきます。特に、本マップの中で、「基礎基盤研究の追求により課題解決につながる(青色評価)」と評価された課題解決に資する提案を募集します。当該青色評価には、青色評価を含むグラデーションで表現されているものも含みます。また、青色評価に該当しないニーズへの提案も可能ですが、ニーズとの関係性が明確に示されていることが必要です。 日本側の募集にあたっては、「基礎・基盤研究の全体マップ」の廃炉プロセスを以下の3つに分類し、それぞれのプロセスの研究分野を考慮して採択します。 ・「汚染水対策、使用済燃料プールからの燃料取り出し、燃料デブリ取り出し、PCV/RPV/建屋の解体」 ・「輸送・保管・貯蔵(燃料デブリに由来するα核種が含まれる廃棄物を含む)、処理・処分・環境回復(燃料デブリに由来するα核種が含まれる廃棄物を含む)」 ・「技術基盤研究」 また、基礎・基盤研究の全体マップを改定する中で、廃炉現場のニーズを把握する有識者による重要度の評価等を行い、摘出した重要な項目及び募集要項に記載のニーズ例を参考とした積極的な提案を期待します。  「基礎・基盤研究の全体マップ」  【URL】https://clads.jaea.go.jp/jp/rd/map/map.html
Application targets 本事業に応募できるのは、自ら研究を実施する以下に示す国内の大学、研究開発機関、企業等とし、申請者は、申請する課題を取りまとめ運営管理を行う事業代表者(「計画の策定と提案書類の作成」参照)又は事業代表者が所属する機関の代表者とします。 ・大学及び大学共同利用機関法人 ・高等専門学校 ・公立試験研究機関 ・独立行政法人(国立研究開発法人※1を含む)、特殊法人及び認可法人 ・一般社団法人又は一般財団法人 ・公益社団法人又は公益財団法人 ・民間企業(法人格を有する者) ・特定非営利活動促進法の認証を受けた特定非営利活動法人(NPO法人) 研究チームの構成に当たっては、各再委託先への特許権等の知的財産権の帰属について、あらかじめ受託者と再委託先の間で取決めてください。 なお、応募から事業終了に至るまでの間に資格の喪失、所属機関の変更、人事異動、長期外国出張その他の理由により、研究等(「課題」において実施する研究・人材育成等をいう。)の実施者としての責任を果たせなくなることが見込まれる者は、事業の実施者となることを避けてください。特に、所属機関の変更が見込まれる者が事業の実施者となる場合は、その可能性が生じた段階(応募前であれば、応募の段階)で、申し出てください。また、事業代表者の所属する機関が予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること※2、文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと及び暴力団等に該当しない者であることを必要としますので、所属機関の経理担当部署等に確認の上ご応募ください。さらに、委託契約の履行能力を確認するため、審査時に、機関の営む主な事業内容、資産及び負債等財務に関する資料等の提出を求めることがあります。なお、本公募においては、課題の申請時には暴力団等に該当しない旨の誓約書の提出は要しませんが、応募課題が採択された場合、提出を求める場合があります。 今回募集する本プログラムにおいては、日本側の研究資金はJAEAより配分され、英国側の研究資金はEPSRC(英国工学・物理科学研究会議)より配分されることから、日英の両機関で合意された共同研究課題が採択となります。 そのため、共同研究を行う予定の英国側の事業代表者は、英国の研究資金配分機関であるEPSRCが募集する日英原子力共同研究プログラム(UK Japan Collaborative Civil Nuclear Research Programme※3)に同時に申請することが条件となります。 ※1 JAEAに所属する者は、事業代表者としての応募はできませんが、連携機関としてJAEAに所属する者が研究体制に参加することは可能です。 ※2 未成年者、被保佐人又は被補助人であって、契約のために必要な同意を得ている者は、同条中、特別の理由がある場合に該当します。 ※3【URL】:https://epsrc.ukri.org/funding/calls/
Schedule
Target work Schedule
募集受付2021年4月13日~7月1日
書類審査2021年7月~8月
ヒアリング審査2021年8月
課題選定(日英合同審査を含む)2021年9月
契約及び事業開始2021年11月以降
  
  
  
Messages 応募に際しては、書類の不備やシステムの混雑による遅れも考慮し、〆切日時に対して時間的余裕をもって提出してください。
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 日本原子力研究開発機構廃炉環境国際共同研究センター
Name  
Phone number 070-1537-5490
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)