Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Health, Labour and Welfare
Application year 2021
Call for applications AI技術を用いた保健師助産師看護師国家試験の問題作成支援に向けた研究(21AC0601)
Research field
(Life Science)
Fundamentalofnursing、Clinicalnursing、Medicalsystems、(Informatics)
Roboticsandintelligentsystem、Database
Keyword AI技術、保健師、助産師、看護師、国家試験問題作成
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 3year
Application period 2021/08/03 09:00 ~ 2021/09/03 17:30
Project category Research Grant
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Individual 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度 厚生労働科学研究費補助金公募要項(3次)
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (目標) 保健師助産師看護師国家試験(以下、「看護師等国家試験」という。)については、「医道審議会保健師助産師看護師分科会保健師助産師看護師国家試験制度改善検討部会報告書」(令和3年3月31日)において、災害や感染症の発生等に対する危機管理の観点や、近年のICTの進展等を踏まえ、コンピュータ活用の必要性について示されたところである。 コンピュータを活用した試験(CBT:Computer-based Testing)では、多くの試験問題を蓄積して、受験者毎に異なる試験問題、異なる順序で出題し、かつ、受験者への公平性を担保するために難易度等の出題傾向の調整を行うことが必要となる。 そこで、看護師等国家試験におけるCBT導入へ向けた検討のために、過去に出題された問題や難易度等を学習し、AI技術を用いた問題作成支援を行うことを目標とし、看護師等国家試験問題作成支援のために必要な手法、データ、システム等の要素の検討、試行的な問題作成及びその評価を行う。 (求められる成果) ・AI技術を活用した試験問題作成支援について、看護師等国家試験の特性を踏まえ、必要な手法、データ、システム等の要素を検討する。 ・AI技術を活用した看護師等国家試験の問題作成を試行的に行い、実際に作成した問題について、内容、選択肢、難易度等の信頼性、妥当性等の評価を行う。 ・看護師等国家試験においてCBT導入を検討するための、AI技術を用いた問題作成支援における課題及びその解決策の提示を行う。
Application targets ・看護教育に携わった経験を有し看護教育制度全般に精通した専門家、及び、保健師助産師看護師試験委員として看護師国家試験問題作成の経験を有する専門家を研究分担者又は研究協力者とする研究班体制が構築されていること。 ・AI技術を利用した試験問題作成のシステム開発に係る研究実績及び開発実績を有する研究者が研究分担者に含まれていること。 ・システム開発が円滑に進むよう、産官学連携で研究を推進できる体制が構築されていることが望ましい。 ・研究分担者又は研究協力者として、若手研究者・女性研究者を研究班に参画させるよう努めること。
Schedule
Target work Schedule
書面評価及び事前評価委員会の開催2021年9月上旬から10月上旬
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 厚生労働省大臣官房厚生科学課
Name 事業担当者
Phone number 03-5253-1111(内線3852)
Fax number  
Email address sugiyama-eri.2k6@mhlw.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)