Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Ministry of Health, Labour and Welfare
Application year 2021
Call for applications AIを活用した医療機器の開発・研究におけるデータ利用の実態把握と課題抽出に資する研究(21AC0701)
Research field
(Life Science)
Medicalsystems、Medicaltechnologyassessment、(Informatics)
Roboticsandintelligentsystem、Database
Keyword AI、医療機器、データ利用、課題抽出
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 1year
Application period 2021/08/03 09:00 ~ 2021/09/03 17:30
Project category Research Grant
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University 、 Researcher・Research team 、 Technology Licensing Organization 、 Local public organization 、 Non-profit organization (NPO) 、 Others
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit) 1(thousand yen) - (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
0(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和3年度 厚生労働科学研究費補助金公募要項(3次
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary (目標)  AIを活用した医療機器の開発・研究には、医療画像や患者データ等が活用されるが、データ利用に際しては、個人情報保護の観点から適切な措置が求められる。規制改革実施計画(令和3年6月18日閣議決定)では、「AI画像診断機器等の性能評価において、仮名加工情報を利用することの可否について検討した上で、教師用データや性能評価用データとして求められる医療画像や患者データについて整理を行い、当該データを仮名加工情報に加工して用いる際の手法等について具体例を示す。あわせて、仮名加工された医療情報のみを用いて行うAI画像診断機器等の開発・研究等への「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」(令和3年文部科学省・厚生労働省・経済産業省告示第1号)の適用の要否について整理を行い、その結果について周知する。」と明記されているところである。 本研究の目標は、令和3年度末までに、AIを活用した医療機器の開発および性能評価におけるデータ利用(医療画像、患者データ等)の実態を調査し、日本におけるデータ利用(仮名加工情報を含む)にあたっての課題を抽出することとする。 (求められる成果) ・日本における学術研究機関や企業(ベンチャーを含む)等におけるAIを活用した医療機器の開発・研究に使用される教師用データや性能評価用データについて、収集基盤やデータ利用の実態調査結果 ※上記には、①データの種類(画像データ・テキストデータ等の種類、含まれる個人情報の種類、匿名化の有無・手法など)、②データの取得方法、③データを保有する医療機関との関係性、④IRBの適用・審査状況、などを含むこと ・欧米及び韓国を含む諸外国でのAI医療機器の開発及び性能評価におけるデータ利用の実態調査結果(上記、①~④等) ・AIを活用した医療機器の性能評価において、仮名加工情報を利用する場合の課題を整理した報告書 ・上記の成果物は、個人情報保護委員会等での活用が可能な形とすること
Application targets ・AI画像診断機器に関する専門家を研究分担者又は研究協力者とする研究班体制が構築されること。 ・医療情報提供者や医療機器のベンチャー企業等の意見が反映される体制が整備されていること【関係団体から協力が得られることを示す書類等】 ・欧米及び韓国におけるAI医療機器開発の現状(規制およびガイドライン等)について精通した者を研究協力者とすること。 ・複数の組織(ベンチャーを含む医療機器メーカー、医療機関、研究施設等)からのヒアリングを前提とすること。 ・研究分担者又は研究協力者として、若手研究者・女性研究者を研究班に参画させるよ  う努めること。
Schedule
Target work Schedule
書面評価及び事前評価委員会の開催2021年9月上旬から10月上旬
  
  
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 厚生労働省大臣官房厚生科学課
Name 事業担当者
Phone number 03-5253-1111
Fax number  
Email address sugiyama-eri.2k6@mhlw.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)