Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency New Energy and Industrial Technology Development Organization
Application year 2021
Call for applications 2021年度「サプライチェーンの迅速・柔軟な組換えに資する衛星を活用した状況把握システムの開発・実証」の公募について
Research field
(Frontier Technology)
Aerospaceengineering
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 2year
Application period 2021/08/31 10:00 ~ 2021/10/04 12:00
Project category Contract research
Target category Corporation(including industry, foundation and association) 、 University
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 350,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
999,999,999(thousand yen)
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 2021年度「サプライチェーンの迅速・柔軟な組換えに資する衛星を活用した状況把握システムの開発・実証」の公募について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary 衛星データを活用してサプライチェーンの状況を把握するシステムやアプリケーション等の開発を実施するための環境整備や、具体的なシステムやアプリケーション等の有用性や信頼性を評価する評価手法の開発を行います。また、解析精度を含め、完成度の高いシステムやアプリケーションを開発した者に懸賞金を付与することで、それらの普及を図り、各種産業におけるサプライチェーン動向把握の一助とすることを目指します。 【対象となる研究開発事項】 ① 衛星データを活用したサプライチェーンの状況を把握するシステム・アプリケーション等の開発を行うために必要となる開発環境整備 ② 開発されるシステム・アプリケーション等の有用性や信頼性評価手法の開発 ③ 懸賞金事業のテーマ設定案の策定及び審査基準の素案作成、懸賞金事業の運営
Application targets 応募資格のある法人は、次の①~⑦までの条件 、「 2021年度実施方針」に示された条件を満たす、単独又は複数で受託を希望する企業等(大学、研究機関を含む)とします。 ① 当該技術又は関連技術の研究開発の実績を有し、かつ、研究開発目標達成及び研究計画遂行に必要となる組織、人員等を有していること。 ② 委託業務を円滑に遂行するために必要な経営基盤、資金及び設備等の十分な管理能力を有し、かつ、情報管理体制等を有していること。 ③ NEDOがプロジェクトを推進する上で必要とする措置を、委託契約に基づき適切に遂行できる体制を有していること。 ④ 企業等がプロジェクトに応募する場合は、当該プロジェクトの研究開発成果の実用化・事業化計画の立案とその実現について十分な能力を有していること。 ⑤ 研究組合、公益法人等が応募する場合は、参画する各企業等が当該プロジェクトの研究開発成果の実用化・事業化計画の立案とその実現について十分な能力を有するとともに、応募する研究組合等とそこに参画する企業等の責任と役割が明確化されていること。 ⑥ 複数の企業等が共同してプロジェクトに応募する場合は、実用化・事業化に向けた各企業等間の責任と役割が明確化されていること。 ⑦ 本邦の企業等で日本国内に研究開発拠点を有していること。なお、国外の企業等(大学、研究機関を含む)の特別な研究開発能力、研究施設等の活用又は国際標準獲得の観点から国外企業等との連携が必要な場合は、国外企業等との連携により実施することができる。
Schedule
Target work Schedule
公募締締切り2021年10月4日
採択決定2021年10月下旬
事業開始2021年11月上旬
  
  
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section  
Name  
Phone number  
Fax number  
Email address  
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program  
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)