Detailed | of the open call for participants Research and development management system (e-Rad) portal site common throughout ministry of prefectur

SummaryClose

Funding agency Japan Agency for Medical Research and Development
Application year 2022
Call for applications R4一次公募(課題3)再生医療実用化研究の効率化に資する研究マネジメント課題
Research field
(Life Science)
Neuroscience-general、Anatomyandhistopathologyofnervoussystem、Functionofnervoussystem、Immunology、Tumorbiology、Tumordiagnosticsandtherapeutics、Basicbrainsciences、Cognitiveandbrainscience、Pathophysiologicneuroscience、Generalinternalmedicine、Neurology、Psychiatry、Radiologicalsciences、Embryonicmedicineandpediatrics、Gastroenterology、Cardiology、Respiratorymedicine、Nephrology、Dermatology、Hematologyandmedicaloncology、Connectivetissuediseaseandallergy、Infectiousdiseasemedicine、Metabolismandendocrinology、Generalsurgeryandpediatricsurgery、Digestivesurgery、Cardiovascularsurgery、Respiratorysurgery、Neurosurgery、Orthopedics、Urology、Obstetricsandgynecology、Otorhinolaryngology、Ophthalmology、Plasticandreconstructivesurgery、Oralbiologicalscience、Oralpathobiologicalscience、Regenerativedentistryanddentalengineering、Surgicaldentistry、Medicalmanagementandmedicalsociology、Medicaltechnologyassessment
Keyword  
Acceptable research periods (minimum/maximum) (the shortest) 1year  (longest) 5year
Application period 2021/11/04 12:00 ~ 2021/12/03 12:00
Project category Contract research
Target category University 、 Researcher・Research team
Prospective cost restrictions Prospective cost restrictions (the lower limit)--.--(thousand yen) - (the upper limit) 300,000(thousand yen)
Indirect costs
(maximum amount)
Maximum30% of direct costs
Recommission
fee/joint
research costs
(the lower limit)--.--(thousand yen) ~ (the upper limit) 999,999,999(thousand yen)
URL of guidelines of call for applications 令和4年度「再生医療実用化研究事業」に係る公募(一次公募)について
URL of past adoption statuses  

Details

Application summary  再生医療等製品の実用化には、「開発シーズの保健医療への寄与度」、「再生医療等安全性確保法や医薬品医療機器法等で求められる各種要件の把握・対応等を含む質の高い研究開発計画の策定とその着実な実施」、「開発・事業化に向けた適切な実施体制の構築」などが求められます。また、その過程では、上記を常に念頭に置いた包括的な状況把握と進捗管理が必要です。  本研究では、規制要件や研究開発プロセスに関する十分な知識を有する機関が、再生医療実用化研究事業において臨床研究や治験を目指す課題(以下、支援対象課題※1)の進捗状況を把握し、研究開発遂行上の課題※2の整理・助言等を行うことで、再生医療の研究開発シーズを着実に臨床研究等の実施に繋げ、その実用化を加速することを目的とします(上図)。加えて、本活動を通じて抽出された重要課題に対する提言等を通じて、次世代の再生医療の実用化に貢献することも目指しています。 ※1 支援対象課題 対象となる課題と課題数の目安(令和3年度現在) ・  再生医療等安全性確保法に従って実施する臨床研究(対象課題数の目安:20~30課題) ・ 企業の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験 (対象課題数の目安:10~20課題) ・ 産学が連携して再生医療等製品の開発を目指す研究(対象課題数の目安:10~15課題) 支援中の研究開発課題については、下記URL掲載の「再生医療実用化研究事業」のパンフレットを参照ください。 https://www.amed.go.jp/program/list/13/01/index.html ※2 研究開発遂行上の課題(例) ・「再生医療研究事業のマネジメントに関するチェック項目(下記URL)」を含む、再生医療等安全性確保法や医薬品医療機器法等で求められる各種要件の把握や適切な対応 https://www.amed.go.jp/koubo/saisei_check.html ・ 上記に基づく、研究開発計画の策定とその着実な実施に向けたプロセス ・ 開発シーズの既存治療に対する優位性、我が国の医療費の適正化への寄与度 ・ 適切な知財対応と事業化へのプランニング
Application targets 公募要領 第2章 応募に関する諸条件等 2.1 応募資格者 の記載通り
Schedule
Target work Schedule
公募期間令和3年11月4日(木)~12月3日(金)正午(12時)厳守
書面審査令和3年12月下旬~令和4年1月下旬(予定)
ヒアリング審査令和4年2月上旬(予定)
審査結果通知令和4年2月下旬~3月上旬(予定)
契約締結令和4年4月1日(金)(予定)
  
  
  
Messages  
Details of person in
charge of call for
applications
Department/section 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 再生・細胞医療・遺伝子治療事業部 再生医療研究開発課
Name 再生医療実用化研究事業担当
Phone number 03-6870-2220
Fax number  
Email address saisei3@amed.go.jp
Application guidelines file Download
Application style file Download Download
URL  
URL of funding system/funding program 再生医療実用化研究事業
Operation manual (version specific to
funding system/funding program)